業務改善

2014年04月03日

全校で成績処理ソフトを統一した

成績処理ソフト
今年度、1年生から6年生まで使用するテストの業者を統一した。目的は、校務支援システムの導入に伴う学習評価の適正化である。この業務改善により、子どもにかかわる時間が増えることを期待している。

最近の成績処理ソフトは、複数の担任を登録できるようになっている。そこで、1年生から6年生の児童名と担任名を登録し、採択した教科書に応じたテストを設定した。

本校は、兵庫型教科担任制を導入しているので、社会や理科の交換授業があったり、算数は新学習システム教員が担当したりしている。そのため、一つの学年に複数の教員が評価データを入力していく。

専科教員を設定するという方法もあったが、今回は、一つの集計ソフトに複数の学年を登録し、入力する教員が自分の担当する学級を選択するという方法にした。

これによって、学期末にそれぞれの教員が持つ評価データを統合する必要がなくなり、学級担任は、全ての教科のデータが一元化できることになった。さらに、個別懇談会の際に、テストデータを集計した結果を保護者に返すことが可能になった。

また、学期末には、観点別集計表や単元別集計表などの成績データを、校務支援システムに移行し、通知表の作成や指導要録の作成に生かせるようにした。

丹波市が導入した校務支援ソフトと、学校で統一した成績処理ソフトを連携させることで、業務改善が一気に進むことを期待したい。
  • mixiチェック

2013年04月04日

学校業務改善委員会を実施

校内組織である学校業務改善委員会を開催した。学校業務の課題を出し合い、業務改善案を作成した。次回の職員会議で提案し、一つでも実現させたい。
ねらい:教職員が子どもと関われる時間を増加させる

参考資料
・教職員の勤務時間適正化対策プラン(兵庫県教育委員会)
http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/kisya20/2103/2103185.html

・学校業務改善実践事例集(兵庫県立教育研修所)
http://www.hyogo-c.ed.jp/~kyoshokuin-bo/2204jissenjireisyu.pdf

  • mixiチェック
月別アーカイブ
最新コメント