望遠鏡

2013年11月07日

望遠鏡で月の観察

望遠鏡で月の観察
暗くなったので帰宅しようと思い、学校を出て駐車場に向かっていたら、南西の空に三日月が見えた。昼間、4年生の理科を教えている教師が、月の画像をプリントアウトしている姿を思い出した。

4年生では「月と星」、6年生では「月と太陽」を学習している時期。そこで、引き返して望遠鏡を設置した。

学校の備品は、Vixen(ビクセン) アクロマート屈折式天体望遠鏡 GP2赤道儀シリーズ。20mmのアイピースを使うと、月がすっぽりと導入できた。クレーターまで鮮明に見える。

残業をしている職員を呼び出し、観察してもらった。後で分かったが、月のすぐ南に金星があったようだ。それも一緒に見ておけばよかった(涙)今度は子どもたちに見せてやりたい。

  • mixiチェック
alby at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月22日

はりま宇宙講座「望遠鏡のしくみ」

コルキットKT-スピカ
神戸市立青少年科学館で開催されたはりま宇宙講座「望遠鏡のしくみ」を受講した。今日は午後9時までの長時間の講座である。

手作り天体望遠鏡を作成した。紙の筒とレンズを木工用ボンドやセロハンテープで接着して完成。

口径4cmのアクロマートレンズ。焦点距離は420mm、接眼レンズは12mm。倍率は35倍。慣れてくると土星の輪も見えるらしい。

天体望遠鏡の像は、基本的に上下左右が反対。地上のものを見るときには驚く。星を見るときは点にしか見えないので問題ないが。しかし、天頂ミラーをつけると、像の左右が反転してびっくりした。よく考えると鏡をつけたのだから当たり前か。

自分で作った望遠鏡で星を見ると、テンションが上がる。

手作り天体望遠鏡 コルキットKT-スピカ
  • mixiチェック
alby at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
最新コメント