リユースハイム

2010年01月24日

セキスイハイム 家づくりまるわかりフェスタ 5

セキスイハイム

神戸国際展示場で開催されたセキスイハイム近畿株式会社神戸支店の「家づくりまるわかりフェスタ」に参加してきました。これは,リユースハイムに当選するための必須イベントです。

まず,受付をしました。緑と青と赤のグループに分けられていました。私は青色でした。どの色が当たるの?と思いました。

次に,抽選番号決定会です。パソコン端末の前に案内され,自宅の電話番号を入力しました。すると,私の名前が表示されました。それから,8枚のカードが表示され,マウスで1枚を選びます。これはかなりドキドキしました。画面に4桁の番号が発行されました。

この番号をもとに,1次抽選会が実施されます。1次抽選会は,1/25午後6時に神戸支店で開催されます。そこで,15名が選出され,2/15に実施される本抽選会に進むことができます。神戸支店だけでも300名以上,近畿全域になると2,000名近くの申込者があるようです。セキスイハイムのリユースハイムは,すごい人気です。

明日の夕方に,担当の営業さんから「当選」か「落選」かの連絡が入ります。まるで入試の合格発表のような緊張感があります。当選できますように

さて,家づくりまるわかりフェスタでは,たくさんのイベントが行われていました。

一番うれしかったサービスは「ハイム笑顔の写真館」です。プロのカメラマンがスタジオ機材を持ち込み,写真撮影をされます。私も家族写真を撮っていただきました。できあがりが楽しみです。

次に興味深かったのは,「かげやまモデルセミナー」です。セキスイハイムでは「かげやまモデル」という,子育てに最適な間取りを提案されています。そこで,陰山先生とセミナーをされているキッズプランナーの北川さんが講演されました。テーマは「子どもが賢く育つ 子育て世代の家づくり」です。

前半は日本の子どもの学力問題を,後半は子育てに理想的な間取りの話をされました。後半では,殺傷事件を起こした少年の家の間取りの問題点を指摘されました。そして,アニメの「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」「ドラえもん」の家の間取りを図面で説明され,よい点や改善点を示されました。

具体的な内容を紹介します。まず,間取りでは,子どもの動線が問題になるようです。親子が必然的にコミュニケーションができる場を作ることがポイントのようです。次に家具の配置です。学習机は入り口から横顔が見えるようにレイアウトするのがコツのようです。このように,セキスイハイムでは,子どもが賢く育つための家庭環境作りを大切にされていることがわかりました。この点は,かなり評価できます。

他にも,ポップコーンや焼き餅,お茶やジュースの模擬店や,エアートランポリンやヨーヨーつり,落書き段ボールハウスなどのキッズコーナーが充実していました。楽しいイベントでした。

alby at 23:56コメント(1)トラックバック(0)  mixiチェック

2010年01月17日

セキスイハイム 奈良工場見学

落下実験

セキスイハイムの工場見学に参加してきました。これは,
1月の工場見学にご参加されて,リユースハイム・キャンペーン限定1棟にご当選されると,特典1:エクステリア150万円分プレゼント,特典2:インテリア(照明カーテン)15,000円/坪プレゼント
というチラシの内容に惹かれたからです。

滝野社展示場から大型バス1台が出され,12組の家族が同乗されました。そのまま高速で奈良へ向かい,2時間くらいで近畿セキスイハイム工業奈良工場に到着しました。私たちは,「神戸8班」という名札を下げ,工場を案内されました。

神戸8班


まず,娘を「キッズルーム」に預けました。予想通り大泣きしました。

次に,外壁素材の耐火実験を見せてもらいました。ガスバーナーで熱しても赤くなるだけで燃えませんでした。
さらに,震度7の激しい揺れを体感できるユニットに入りました。手すりを持っていたのですが,あまりにも激しく揺れたため,壁に頭をぶつけてしまいました。痛かった。体験後も窓やドアは何の歪みもなく,スムーズに開閉しました。

それから,「ZERO-STYLE」という,太陽光発電,オール電化(IHクッキングヒーター,エコキュート),全館空調を組み合わせたシステムが搭載されているモデル住宅を見学しました。陰山モデルという子どもが賢く育つ間取りです。

午前中最後は,住まいのなるほど見聞館」で,地震や台風の備えや気密性と断熱性について説明を受けました。屋外性能実験というユニットを5mの高さから落下させる実験は迫力がありました。クレーンでつり上げて,落とされた瞬間「ドスーン」という音が響きました。すごい迫力でした。



昼食はお弁当が出ました。娘を呼びに行き一緒に食べました。屋台が出ており,ぜんざい,コーヒー,お茶,ポップコーンが自由に食べることができました。娘はぜんざいの白玉が気にいったようで,たくさん食べていました。

午後は,工場見学です。寒いのでカイロと手袋をいただきました。1本の鉄骨から,天井・床・柱が生まれ,ユニットが組み立てられていきます。そして,外壁やキッチン,バス等を組み込んでユニットが完成します。セキスイハイムは工場で組み立てたユニットを,現地でクレーンで組み立てるという手法をとられていることがわかりました。

ショールームには,シャープや関西電力,パナソニックなどの企業の方がおられ,自社製品を売り込んでおられました。今,太陽光発電を取り付けると,電力会社の買い取り価格が倍になるそうです。

お菓子,ボールペンなどのお土産をいただいて帰りました。1日かかりましたが,家づくりについての情報が集まりました。

工場では,大型バスが十数台も並んでいました。奈良工場は,スタッフと見学者であふれて活気づいていました。

リユースハイムは約2千倍の当選確率だそうです。工場見学に参加するまでは「もしかして当たるかも!?」と期待していました。しかし,私を含むリユースハイムにつられてきたたくさんのお客さんを目の当たりにして,現実に戻りました。夢が少し覚めました。

alby at 23:51コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2009年12月11日

セキスイハイム リユースハイム 5

7de55594.pngセキスイハイムの近畿株式会社のリユースハイムという新聞折り込みチラシが気になり,社の展示場に申し込みに行きました。ソーラーパネルをびっしり積んで,電気を売るというのがトレンドのようです。2010年から電力の買い取り料金が倍になるという説明を聞きました。
何よりもびっくりしたのは,陰山英男先生が「子どもが賢く育つ家づくり」について監修されていたこと。「かげやまモデル」という家があるようです。

1名様ということでしたので,ホームページで倍率を調べました。すると,東京の例で2,119倍だそうです。当たるといいなぁ
そうそう,年末ジャンボ宝くじも買っております。こちらも当たるといいなぁ

セキスイハイム リユースハイム
http://www.816kinki.com/740/index.html

alby at 23:39コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック
月別アーカイブ
最新コメント