教育の話題一般

2021年10月15日

令和3年度第2回市立学校主幹教諭研修会

兵庫県教育委員会丹波教育事務所の令和3年度第2回市立学校主幹教諭研修会が、兵庫県篠山庁舎で開催された。続きを読む
  • mixiチェック

2021年07月26日

国領ふるさと塾

国領ふるさと塾
国領地区自治協議会の国領ふるさと塾で、「トルコの学校」という話をしてきた。

国領ふるさと塾の講師は、2年前までスイスのチューリッヒ日本人学校の校長をされていた先生や教員OB、地域の方という豪華な顔ぶれだった。

子どもたちは、夏休みの宿題を持ち寄って、先生たちに教えてもらっていた。一緒に勉強する子や教えてもらえる先生がいると、夏休みの宿題も随分はかどるだろう。

国領ふるさと塾
日時 7月26日(月), 28日(水), 8月2日(月)
場所 国領ふるさと館
対象 進修小学校の希望者

  • mixiチェック

2021年04月01日

学校運営協議会委員

丹波市教育委員会より黒井小学校学校運営協議会委員を委嘱される。任期は令和3年4月1日から令和4年3月31日まで。
  • mixiチェック

2020年10月06日

丹波市食育推進会議

丹波市健康センターミルネで開催された丹波市食育推進会議に委員として出席した。
  • mixiチェック

2020年08月26日

手塚治虫とオサムシ

手塚治虫とオサムシ
手塚治虫は、小学校3年生から昆虫採集を始めた。本名は治(おさむ)。ペンネームは、好きな虫であるオサムシからつけた「治虫」を使った。

写真は、教科書の手塚治虫の写真のそばにいるオサムシ。

手塚治虫の人物像や生き方は、東京書籍『新しい国語5』「伝記を読んで感想文を書こう」に記載されている。
  • mixiチェック

2020年07月19日

山本二三展

山本二三展
丹波市立植野記念美術館で、7月18日から9月13日まで開催されている「山本二三展」を観た。

山本二三氏は、日本アニメーション美術の創造者。天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女などの背景画が展示されていた。

研修室には、DVD映像や写真スポットもあり、工夫がされていた。写真は、もののけ姫シシ神の森にいたアシタカ(笑)。

丹波市立植野記念美術館「山本二三展」
https://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/nizou.html
  • mixiチェック

2020年07月05日

おばあちゃんの太平洋戦争

おばあちゃんの太平洋戦争
丹波新聞の「戦争体験、絵本で伝える 春日の義積さん 少女期の思いを子供目線で」(2020年6月6日)で紹介されていた絵本『おばあちゃんの太平洋戦争』を読んだ。

私が小学生のとき、祖母が教育勅語を暗記しているのを知って「おばあちゃん、そんな長い文章を覚えてすごいなぁ」と思ったことがあった。この絵本では、国民学校に入学すると、「先ず教育勅語を暗記する」が書かれていた。祖母が教育勅語をスラスラ言えていた理由がわかった。

「イナゴのだしで野菜の雑炊」のくだりでは、祖父(かやじい)がイナゴを竹串に挿して醤油をつけて焼いてくれたことを思い出した。現代では昆虫食というが、戦時中は普通に食べられていたようだ。

『おばあちゃんの太平洋戦争』は、子供のころに聞いた祖父母の戦争体験を思い出すよい絵本だった。

ところで、コロナの影響で、今年の8月6日は授業日になる。原爆の話とともに、この絵本も読み聞かせをして、平和を考える日としたい。

義積喜美子(2020)『おばあちゃんの太平洋戦争』藤本印刷




  • mixiチェック

2020年03月14日

第8回教育実践対話集会「ひかり」オンライン学習会

ひかりオンラインミーティング
藤原先生に誘われて参加した、第8回教育実践対話集会「ひかり」オンライン学習会。いつもは兵庫教育大学附属小学校が会場のようだが、本日はオンラインということで自宅から参加した。

参加者は9名で、佐賀県、鳥取県の先生もおられた。

兵庫教育大学の淀澤勝治先生から、道徳と特別支援教育に関する話を聞いた。附属小学校の先生からは社会科の実践発表を聞いた。私は、小学校6年生理科電気の利用のプログラミング授業について報告した。

主催された藤原先生のコーディネートが実に素晴らしかった。講義を聴いたあとに、グループセッションをした。Zoomにはこんな使い方もあるのかと思った。

コロナ感染症対策のために、各種セミナーがオンラインで開催されることが増えた。私はここ2週間で、たくさんの方とオンラインミーティングで話をすることができている。
  • mixiチェック

2019年12月26日

第71回兵庫県幼・小・中造形教育展

第71回兵庫県幼・小・中造形教育展
神戸・三宮のさんちかホールで開催された「第71回兵庫県幼・小・中造形教育展」を見ました。応募された約1万点から選ばれた推奨・特選作品360点が展示されていました。


担任している5年生児童の作品を見ることが目的でした。しかし、推奨作品を見ると、豊かな感性で伸びやかに描かれた表現が多く、とても勉強になりました。会場には知り合いの先生も数名鑑賞されていました。

昨年度から独自に描き始めた「プログラミングしている友達」の絵。今年は特選になり、絵を描いた子の技術ももちろん凄いですが、今年の教育を表すテーマとして選定されたのかもしれないと思いました。

丹波新聞の新春文芸展も同じテーマの作品を応募したので、元旦の結果発表が楽しみです。プログラミング教育の推進について、別の角度から貢献できたと思います。
プログラミングする友達

  • mixiチェック

永年勤続職員表彰式

永年勤続職員表彰式
兵庫県公館で開催された、兵庫県教育委員会の令和元年度永年勤続職員表彰式に参加しました。

教育長は、挨拶で、「受賞者は334名です。平成11年と言えば、ちょうど就職氷河期でした。神戸須磨の事件をきっかけに、トライやるウィークが実施されることになりました。兵庫県では行政構造改革が始まりました。」と言われました。

本年度の受賞者の多くは、平成11年度採用の方です。確かに、大学の同級生は4名しかいません。当時の採用倍率は全体で20倍程度だったと記憶しています。大きな給与の減額も2度経験しました。大変厳しい時代でした。

兵庫県公館
「失われた世代」「ロストジェネレーション」という言葉は他人ごとではありません。宝塚市のように、就職氷河期世代を応援される自治体が増えることを期待しています。

記念公演は、姫路西高等学校ギター・マンドリン部の演奏でした。BUMP OF CHICKEN「天体観測」で始まりました。さわやかな演奏で、青春を感じました。ありがとうございました。
  • mixiチェック
月別アーカイブ
最新コメント