2017年10月14日

第48回衆議院総選挙における在外公館投票

DSC_0326
日本国内の投票日は、平成29年10月22日(日)だが、一足早く在イスタンブール日本国総領事館で第48回衆議院総選挙における在外公館投票を済ませた。

第48回衆議院総選挙における在外公館投票
前回在外公館投票したのは、平成28年6月25日の第24回参議院議員通常選挙。今回も、コージ・リョージさんが担当されていた。

海外では、参議院議員選挙と比べ、衆議院総選挙は候補者の情報を得るのが難しい。小選挙区が地域に密着しているからだろう。そこで、神戸新聞や朝日新聞の地方記事を参考にした。

候補者のWebページや公式ブログを見比べてみた。ある候補者は、公式ブログに自身のことを「〇〇先生」と表記し、「〇〇先生(候補者名)が△駅に朝立ちされる」と書いていた。候補者名に「先生」がついていることに違和感を感じた。

例えば、学校にかかってきた電話に「〇〇校長先生は今、会議をしておられます」と応対するのはおかしいだろう。

他の候補者は、公式ブログに選挙の厳しさを淡々と語り、自身がどのように選挙活動をしているかについて、時系列に書き連ねている。

選挙は情報戦である。世論の風に乗るのも必要だが、小選挙区では候補者自身がどのように情報発信するのかも得票につながる重要なポイントだと思う。

以上をまとめると、候補者のWebページを見比べることで、情報戦の勝者が明らかになるということだ。今後の選挙は、インターネットを介した情報発信の戦略が益々問われるようになるだろう。

なお、最高裁判所裁判官国民審査は、在外選挙からは参加できない。

alby at 23:41コメント(0) | トルコ   mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント