2013年06月14日

氷上情報教育研究会オープンセミナー

氷上情報教育研究会オープンセミナー
柏原住民センターで氷上情報教育研究会オープンセミナーを開催した。メンバーの授業力向上が目的だが、氷上情報教育研究会を丹波市内の教職員に認知してもらうことも意識した。新たに1名の参加者がいた。

今回、難しい研究発表をせずに、明日からすぐに役立つ授業ネタを紹介することにした。TOSSのセミナーのように、一人あたりの持ち時間を短くしてたくさんの教師に話をしてもらった。

2次会では、「授業がどうのこうのというよりも、参加することに意味があるのでは」「強制はそのうち自主に変わる」という意見があった。最近は企画側の目線に立ち、段取りばかり考えることも多い。参加側の目線に立ち返ることが大切だと感じた。

ともあれ、オープン化への一歩を踏み出したことを自己評価したい。

alby at 23:10コメント(0)トラックバック(0) | 情報教育   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント