2012年05月01日

Xi対応スマホ購入

arrowsx
docomoのXi対応All in one ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS X LTE」を購入した。感想を書きたい。

1 バッテリーの持ちが悪い
 雑誌の評価では「バッテリーの持ちが悪い」とあったが、実際に「ecoモード」で使用しても一日満足して使用することは難しいことが分かった。

2 非常に多機能
 スマートフォン素人なりの機種選定基準は、機能がいろいろあったこと。防水、ワンセグ、赤外線など、従来の携帯電話の機能がすべて引き継がれていることが気に入った。万歩計や辞書があるのもよい。

3 おすすめアプリ
 消防団の夜警があったので、スマートフォンを使用されている「先輩」に便利なアプリを紹介してもらった。メッセージが送れる「LINE」や文字入力を助ける「FlickWnn」を入れた。個人的に必要な、「Facebook」「Twitter」「らじるらじる」「livedoor Blog」などのアプリもダウンロードした。

4 端末料金は下がっている
 端末の料金は、「月々サポート」などで、ほぼ無料の値段になった。もうすぐ新機種が発表されるので値下がりしているのだと思う。家電店の広告でも0円で売り出されている。

5 高額な音声通話料金
 Xiパケ・ホーダイフラットは、月5.980円の定額。デザリングで利用しても同額なのがよい。したがって、これまでFOMAデータカードで毎月6,500円ほど使用していた回線を廃止した。2回線が1回線になったので、月々支払う総額はこれまでよりも減るはず。

 データ通信には適しているXiだが、音声通話は最悪といってよいだろう。タイプXiという基本プランしかなく、無料通話もない。しかも、30秒あたり21円という超高額設定となっている。これでは電話をする気がなくなる。Xiトーク24(月1,480円)にするとdocomoへの通話は定額になるが、固定電話や他社携帯には高額な通話料を支払わなければならない。Xi対応スマートフォン向け料金プランを今後は充実させてほしい。

Xi対応のスマートフォンを持つと、最低月7,780円は必要になる。内訳、Xiトーク24 (1,480円)、Xiパケ・ホーダイフラット (5,985円)、spモード (315円)。docomo以外に音声発信するとさらに通話料が必要。
  • mixiチェック
alby at 23:36│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はぴらぶ   2012年05月04日 00:30
Xiパケホーダイフラットには7G規制があります。10月1日までは規制がないので今のうちにテザリングかけてご自分のデータ通信量は大丈夫か確認された方がよろしいかと思いますよ!7G超すと128kになるので。。(>_<)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント