2011年12月10日

押尾コータロー アコースティックギターコンサート

画像1
丹波市立ライフピアいちじま大ホールで行われた押尾コータロー アコースティックギターコンサートを聴いてきた。

押尾コータローの生演奏は初めて聴いた。行く前はギター1本では面白みがないな、バンドだったらいいのに、と思っていた。

ところが、オープニングの1曲目でびっくり。アコースティックギター1本から実に多彩な音が飛び出してきた。ステージから2列目のよい席だったので、2mほどの距離で演奏している様子をよく見ることができた。

低い弦でベースラインを奏で、右手でギターの胴をたたきリズムを生み出す。ピッキングハーモニクスを多用し、非常に高い音も表現。ギターって、こんなに表現力のある楽器だったけ?と驚嘆した。

曲によって、チューニングを使い分けているようで、1曲ずつギターを交換されていた。オープンチューニングを工夫することで、「戦場のメリークリスマス」のような難しい調の曲も演奏されていた。

「地球と月のランデブー」と、客席とのやりとりを楽しみながら、皆既月食をテーマに即興演奏もされた。

2時間半のコンサートだったが、あっという間に感じた。コンサート終了後、最新アルバム「Hand to Hand」を購入。押尾コータローさんに握手をしてもらったが、大きな柔らかい手をされていた。


alby at 23:38コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
音楽 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント