2011年09月18日

運動会

前日は大雨洪水警報が発令され、運動会の天候が心配されていた。運動会当日は、気温も高くなく、日差しも強くない、ちょうどよい天候になった。

応援合戦では、白組が「ちーたんのテーマ曲」を流し、化石発掘をテーマに応援を組み立てた。ちーたんというゆるキャラや曲の効果もあり、従来の「赤組を倒す」という敵対心が少ない、癒し系の応援になったのが例年にない特徴だろう。

高学年の表現にも感動した。高学年を担当する教師の組織力の高さがわかった。一人技は最初からコンビネーションで、いきなり発展技だった。危険な技の補助も、それぞれの教師が技の度に指定された場所に素早く移動し、必要な児童に支援をしていた。何より児童が真剣に表現していた。よい組体操だった。

午後は、進修小学校の地区運動会に参加。消防団の消火リレーに出場した。先頭の「鐘」、次の「筒先」、「ホース」が1位でバトンをわたしてくれた。その後、大勢で「消防ポンプ」を担ぎ、グラウンド1周した。半周あたりでポンプをおかずに人員交代する離れ技も披露していた。
可搬ポンプを運ぶリレー

私は「耐火服」を着て、グラウンド1周した。かなり暑くて汗が噴き出した。その後、部長が団旗を持ってゴールイン。初めて1位になった。
耐火服

夜は打ち上げ。楽しく気分良く過ごすことができた。

alby at 23:54コメント(0)トラックバック(0) | 教育の話題一般   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント