2011年08月22日

郷土人権資料室「ゆくつち」の見学

ゆくつち資料館
職員研修で黒田庄隣保館にある郷土人権資料室「ゆくつち」の見学をした。講師は元隣保館長の東田氏。
人とわらと水車(みずぐるま)がテーマ。昭和の農業やわら工品の製作に関する当時の様子がよく理解できた。

訪問者ノートを見ると、2003年12月15日に西小学校の5・6年生を引率していた。あれから、8年の月日が経ったのかと思い、当時の児童たちを懐かしく思った。彼らはもうすぐ20歳になる。

alby at 22:11コメント(0)トラックバック(0) | 教育の話題一般   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント