2011年02月01日

教科指導等研修(少人数グループ研修)

丹波教育事務所の10年経験者研修に係る校外研修が篠山市立丹南健康福祉センターで開催された。

教科等指導員の先生の実践発表を聞く。テーマは「教科における基礎基本の定着と活用する力を育成するための指導方法の工夫・改善のポイント」。数学の先生からは、「子どもは正しく間違える」というCAIの話が飛び出し驚いた。出典を明記されなかったが、故 中山和彦先生『未来の教室』(1986)に書かれている内容である。

その後、教科ごとにわかれて、研究協議をした。教科等指導員の先生から指導助言をいただいた。10年研の校外研修は、今日で終わり。ホっとした。あとは報告書の作成が待っている。

alby at 19:54コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック
教育の話題一般 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 野村の住人   2011年02月01日 22:52
5 1年間お疲れ様でしたね。大学明けでしたから大変だったでしょ。私も今日が、本年度担当分最後の研修会でした。これで報告書作成にかかります。
中山先生の話懐かしかったです。翌年に私が筑波に研修に行かせて頂きました。「子どもは正しく間違える。」
2. Posted by たぬき   2011年02月02日 06:58
おはようございます(^^)/
研修をしっかりとご自分のものにされたのでしょうね。
隣の席の、Nさんも行かれたようです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント