2010年01月24日

セキスイハイム 家づくりまるわかりフェスタ 5

セキスイハイム

神戸国際展示場で開催されたセキスイハイム近畿株式会社神戸支店の「家づくりまるわかりフェスタ」に参加してきました。これは,リユースハイムに当選するための必須イベントです。

まず,受付をしました。緑と青と赤のグループに分けられていました。私は青色でした。どの色が当たるの?と思いました。

次に,抽選番号決定会です。パソコン端末の前に案内され,自宅の電話番号を入力しました。すると,私の名前が表示されました。それから,8枚のカードが表示され,マウスで1枚を選びます。これはかなりドキドキしました。画面に4桁の番号が発行されました。

この番号をもとに,1次抽選会が実施されます。1次抽選会は,1/25午後6時に神戸支店で開催されます。そこで,15名が選出され,2/15に実施される本抽選会に進むことができます。神戸支店だけでも300名以上,近畿全域になると2,000名近くの申込者があるようです。セキスイハイムのリユースハイムは,すごい人気です。

明日の夕方に,担当の営業さんから「当選」か「落選」かの連絡が入ります。まるで入試の合格発表のような緊張感があります。当選できますように

さて,家づくりまるわかりフェスタでは,たくさんのイベントが行われていました。

一番うれしかったサービスは「ハイム笑顔の写真館」です。プロのカメラマンがスタジオ機材を持ち込み,写真撮影をされます。私も家族写真を撮っていただきました。できあがりが楽しみです。

次に興味深かったのは,「かげやまモデルセミナー」です。セキスイハイムでは「かげやまモデル」という,子育てに最適な間取りを提案されています。そこで,陰山先生とセミナーをされているキッズプランナーの北川さんが講演されました。テーマは「子どもが賢く育つ 子育て世代の家づくり」です。

前半は日本の子どもの学力問題を,後半は子育てに理想的な間取りの話をされました。後半では,殺傷事件を起こした少年の家の間取りの問題点を指摘されました。そして,アニメの「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」「ドラえもん」の家の間取りを図面で説明され,よい点や改善点を示されました。

具体的な内容を紹介します。まず,間取りでは,子どもの動線が問題になるようです。親子が必然的にコミュニケーションができる場を作ることがポイントのようです。次に家具の配置です。学習机は入り口から横顔が見えるようにレイアウトするのがコツのようです。このように,セキスイハイムでは,子どもが賢く育つための家庭環境作りを大切にされていることがわかりました。この点は,かなり評価できます。

他にも,ポップコーンや焼き餅,お茶やジュースの模擬店や,エアートランポリンやヨーヨーつり,落書き段ボールハウスなどのキッズコーナーが充実していました。楽しいイベントでした。

alby at 23:56コメント(1)トラックバック(0) |   mixiチェック

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 智太郎   2010年01月29日 20:23
  みんな〜\(^o^)/ちびまる子ちゃんの友達の永沢君だよ〜♪静岡県清水区実家ではなく東部地方実家のアラフォー世代の智太郎(仮名)です。派遣の現場監督員で川崎市にて単身赴任生活!今日も疲れましたお疲れさんでした。姉歯1級建築士による構造計算書偽造事件」以来、特に構造計算書には、まゆをひそめて見られてます。そんな中、当現場の設計士も神奈川県でに3件〜4件 過去に構造計算書偽造の某建築士と言う情報を聞き、ゼネコン会社側も某建築士へ質疑回答書が200枚を超えて大変でした。・と言う主旨で記事にしました。おもしろ画像写真では、ちびまる子ちゃんの友達の永沢君:燃えてる自分の様な?を貼りました。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント