2009年09月22日

どん兵衛 関西・関東 食べ比べ 4

3fdb9b05.jpg<あらまし> 関西の味と関東の味を比較するために,関西のどん兵衛と関東のどん兵衛の食べ比べを行った。その結果,関東のどん兵衛には液体つゆが付属し,関西のどん兵衛には粉末スープが付属することがわかった。さらに,スープの違いが,関西はカツオ風味,関東は醤油風味という,味の差につながることが明らかになった。

1 はじめに
 関西と関東のうどんで味付けが違うことは,よく知られている。これに関する先行研究は,カップ麺東西比較!がある。ここでは,原材料やパッケージの違いを詳細に調べ,関西と関東の違いを整理している。
 しかし,どん兵衛の製造時期による違いについては,明らかにされていない。そこで,今回,東京大学正門前で購入した関東のどん兵衛と,社のマックスバリューで購入した関西のどん兵衛を食べ比べすることにした。

2 方法
 昼ご飯に,関西と関東のどん兵衛を食べる。そして,パッケージや味を比較する。

3 結果
 結果は,表1に記す。

表1 関西のどん兵衛と関東のどん兵衛の比較
項目関西関東
付属品粉末スープ液体つゆ,七味唐辛子
パッケージぶっとうどん入荷液体つゆ仕立て
作り方粉末スープを先に入れて,お湯を入れる。お湯を入れてから,食べる前に液体つゆと七味を入れる。
熱量413kcal425kcal
麺の量74g74g
必要な湯の量430ml410ml
甘い,かつお風味濃い,醤油味
原材料の違い植物油醤油


4 考察
 一番大きな違いは,液体つゆと粉末スープの差である。先行研究では,同じ粉末スープを使っており,製品の発売時期によって付属品が違うことがわかった。
 次に,必要な湯の量にも差がみられた。関東のどん兵衛は液体スープを利用する分,お湯の量が20ml削減されている。
 今回,カップの容量は測定しなかった。しかしながら,カップ内側の線までお湯を入れるように指示されていることから,カップの容量そのものについても差があることが考えられる。

5 まとめ
 今回,関西と関東のカップ麺の違いを検証してきた。その結果,付属の粉末スープと液体つゆについて大きな差が認めれた。
 しかし,製品の発売時期による付属品の違いは,明確にすることができなかった。これについては,筆者の今後の課題としたい。

6 謝辞
 東京出張のお土産に,関東のどん兵衛を買ってくるように指示し,昼食にどん兵衛を用意してくれた妻に感謝いたします。

alby at 20:42コメント(1)トラックバック(0) | 理科教育   mixiチェック

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 呂式震電   2009年09月22日 22:07
そういえば静岡で食べたそばはやっぱりしょうゆの味が強かったです。

味に差があるのは知っていましたが、粉末と液体の差があるのは知りませんでした。

勉強になります。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント