2009年09月03日

障害児診断学2

集中講義3日目。今日は事例の話が多かった。「診断は子どもを変えるためではなく,まわりを変えるためにある」。なるほど,勉強になる。
3日を通じて感じたのは,院生の専門の高さ。
Q. ATNR姿勢とは?
A. 首が曲がったほうの上肢・下肢が伸び,反対側が曲がる原始反射。フェイシング反射ともいう。
Q. 妊娠中,風疹にかかったときの,子どもへのリスクを3つ述べよ。
A. 難聴,白内障,心臓の奇形。
Q. 新生児の黄疸が強いときの治療は?
A. 光線治療。光に当てる。
Q. AD, ADHD, HFPDDのスペルを黒板に書け。
A. Learnig Disabiriy, Attention Deficit Hyperactivity Disorder, High Functioning Pervasive Developmentals Disorders.
みんな何でこんな質問にスラスラ答えられるのだろう。勉強不足を痛感した。
  • mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント