2006年12月27日

今年も資格試験不合格1

今年も不合格だった。5年間チャレンジしているけれど、なかなか合格できない。自分の力不足を感じる。
しかし、今回の経緯には若干不満があるので、ちょっと意見をしてみようと思っている。
==========合否判定============
合否判定:不合格
==========================
 以下の観点から、A B C D の4段階で評価し、総合的に合否を判定しました。
 A+、B-、C−などは、各段階のなかでの相対的な位置を示しており、B以上を認定できるレベルと考えています。
(1)全体構想・企画力(主として提案書)   評価結果:B
(2)説明・表現(主としてプレゼンテーション)評価結果:A
(3)対応・知識。経験(主として面接)    評価結果:C
●総合判定               評価結果:B-
審査員からのコメント:
 合格まであとわずかでした。実践を数多く知ってるということと、その実践を意味づけられるということとは違います。人を動かす場合は、ただ知識(実践例)を持っているだけでは不足です。導入のポイントも3つに焦点をあて,使いやすいレイアウトの教室をデザインしました。ただ,教員がICTを活用する場面を見せただけでは児童・生徒が自動的に利活用能力が向上するとは言い難く,また,具体的な授業例も教員が活用する事例が入っていました。実践事例を数多く蓄積されていると思いますので,それぞれの要求や場面に応じた事例の選択・提示ができると,よりよい提案になると思います。
ちょっと、事実と違う評価なんだけどなぁ。
  • mixiチェック
alby at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)情報教育 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント