2006年02月27日

木原俊行先生を招き授業研とワークショップ5

81e052b8.JPG卒業前の6年生と「干潟の生き物」の授業をする。子どもの発表に動画を利用するというアイディアのはAの授業だったが、参加者の評価はBだった。確かに詰め込みすぎ。
事後研は大阪市立大学の木原先生を招き、ワークショップ形式で進める。前半授業研、後半研修のまとめという内容。西小では4回目のワークショップ。会議室の側面にはこれまでの成果物を掲示した。
ワークショップはよい評価を受けた。来年度も引き続き研修を深めていきたい。

ワークショップ進行案(PDF)
  • mixiチェック
alby at 20:49│Comments(0)TrackBack(0)情報教育 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント