2005年11月24日

社長をだせ!5

8b12293e.jpg社長をだせ! 川田茂雄 宝島文庫 680円
コンビニで見つけ、思わず購入した本。カメラメーカーの所長が実際のクレームをどのように対応していったのかがおもしろく書かれている。さらに、クレームの分類やどのようなタイプの人間がクレームを行うのか整理されている。
みなさんも多少のクレームは経験しているだろう。そのときに、その人の話をしっかり聞き、問題点を整理し、足を運んで誠意を見せて対応することの大切さを感じられたはず。クレームから逃げるとクレームは追いかけてくる。この本はクレームにしっかりと向き合った人の生き方が書かれていた。
なお、学校の教師もメーカーにとってはやっかいなクレーマーらしい。相手(メーカー)の間違いを正し、教育しようとするから(汗)
  • mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みつや   2005年11月25日 23:58
親会社に出向中の私です。クレームください。
2. Posted by ほそみ   2005年11月26日 17:33
お久しぶりです。
>みつやさん

御社の製品は本校でもたくさん使用しております。今のところ目立った故障もなく順調です。したがって、クレームを出すことができません。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント