2007年12月

2007年12月20日

続 Windows Update 1

b512cd3f.JPGWindows Updateを冬季休業中にするよう指示があった。この大変さは7月25日の記事で紹介したとおり。親切な保護者からWindowsXP SP2 にするCD-Rを提供していただいたり、火曜日の終業時に電源を入れっぱなしにしておき水曜日午前3時に自動的に更新するようアドバイスしていただいたりしたが、結局学校全体としてこまめなUpdateができているはずもなく、集中して作業することになった。
職員室のPCは各職員に作業していただく。一台につき30分から40分かかった。明日はコンピューター室33台にとりかかる。半日はたっぷりかかるだろう。この作業でどの程度セキュリティが向上するのか、教えてほしい。

alby at 22:09コメント(3)トラックバック(0) | 情報教育   mixiチェック

2007年12月19日

スタッドレスタイヤに交換しました 3

efbfcdb6.jpg週末は、竹野にある「民宿こたか」にカニを食べに行きます非常に楽しみ。しかし、兵庫県北部は雪が心配されるため、今日はスタッドレスタイヤに交換しました。エアコンプレッサーがなかなか始動せず「プスン、プスン、プスン・・・」といっていましたが、油圧ジャッキとインパクトレンチのおかげでスムーズに交換できました。これで雪が降っても安心。

alby at 20:31コメント(2)トラックバック(0) |   mixiチェック

2007年12月18日

第2回丹波市学習基盤形成事業推進委員会 3

保護者の願いを知り、学校と家庭が連携して児童の学力を高めることが会の趣旨。本校教職員・児童・保護者に実施した家庭学習に関するアンケート結果を伝えた。
  • 児童は高学年になるほど自主学習を進んで行おうとしない。
  • 保護者は高学年になるほど宿題に関わる頻度が低くなる。
  • 保護者は、自主的に学習できる子になってほしいと願っている。
  • 会議に参加した委員からは「学校では家庭学習の規準を共通理解しているのか」「児童や保護者は教職員に自主学習が継続するコツをアドバイスしてほしいと思っている」と助言していただいた。
    次年度に向けて、学校としての家庭学習の捉え方を統一しておく必要を感じた。

    alby at 22:55コメント(1)トラックバック(0) | 研究推進   mixiチェック

    2007年12月17日

    難聴児童の指導・支援の実際について 4

    e917f70d.JPG京都府立聾学校舞鶴分校聴能言語室の芦田先生(言語聴覚士)に来ていただき、研修会が行われた。聴覚障害児童の作文を読むと、どのような悩みがあるのかがわかった。また、感音難聴の児童がどのように聞えているのかを、MDで擬似体験させてもらった。補聴器も初めてつけた。周りの音が大きく聞えた。学期末事務の忙しい時期だったが、専門的な研修ができた。

    alby at 18:10コメント(0)トラックバック(0) | 教育の話題一般   mixiチェック

    2007年12月15日

    フラッシュ型教材活用セミナー in 大阪 5

    108e928d.jpg大阪大学豊中キャンパスで開催された、JAPET主催の「楽しくわかる!明日から使える フラッシュ型教材」活用セミナーに参加した。堀田先生のワークショップはいつもながらテンポがよく頭が活性化した感じ(笑)模擬授業15連発!のコーナーでは全国のすぐれた実践家の授業が体験できしたし、教材化の視点も明確にできたので確かな成果があった。参加してよかった。
    夜は中之島へ行き、「光のルネサンス」を楽しむ。中之島図書館の「ウォールタペストリー」は荘厳な雰囲気だったし、関電ビル頂部のライトをタッチセンサーに自分の手で触ることで変化できる"Touch the Light"は大変楽しかった。このイベントは今日から12月25日まで行われる。

    alby at 23:20コメント(1)トラックバック(0) | 情報教育   mixiチェック

    2007年12月14日

    十二支を覚える小学校英語活動 3

    a2a6c53c.jpg今日はALT来校日。干支を英語で言い、鳴き声やジェスチャーを勉強した。動物の絵と単語が書かれたカードを用意した。授業の最後にはALTが打ち合わせにないフルーツバスケットを提案し、ジェスチャーで動物名を指示するゲームをしたが、高学年の子にはちょっと恥ずかしかったよう。
    番号十二支動物名英語名
    1ネズミmouse
    2ox
    3トラtiger
    4ウサギrabbit
    5りゅうdragon
    6へびsnake
    7horse
    8sheep
    9サルmonkey
    10ニワトリrooster
    11dog
    12イノシシboar


    alby at 18:47コメント(0)トラックバック(0) | 国際理解   mixiチェック

    2007年12月13日

    これからの研究推進 1

    放課後の職員室での雑談から。一般論です。

    小学校では、「子どもたちが響きあい高まりあう授業づくり」みたいなテーマで授業研究が盛んに行われきました。しかし、世間の興味は、今や学力テストによる学校比較です。これまで教育技術をあげようと授業研究に取り組んできましたが、研究がアカデミックになるほど、現在の学校の実態とかけ離れている例も多く見られるようです。導入や発問などの研究も大切ですが、漢字や計算で高得点を取ることが社会で評価されやすいのかもしれません。
    結論からいうと、保護者や児童から信頼される学校づくりが最も大切なことです。従来のテーマで研究を進めるよりも、現代社会にマッチした研究テーマを掲げる必要があるのかもしれません。

    というたわいのない話を今日はしていました。一理ありです。個人懇談会一日目が終了しました。

    追伸 個人的にコメントいただきました。ありがとうございます。
    「学力向上を全面に出すと、学習塾と学校が同じなる」というご指摘をいただきました。確かにそうです。
    これからも公立学校の役割を考えながら長い目で研究推進していきたいと考えています。

    alby at 22:16コメント(1)トラックバック(0) | 研究推進   mixiチェック

    2007年12月12日

    2学期を振り返って 1

    明日から個別懇談会。現在最終的な資料を作成中。一人ひとりの2学期のがんばりをメモをもとに振り返り、まとめなおしている。これはあゆみの所見にもつながる作業。
    1学期の学力テスト結果から漢字の力が不十分なことがわかったので、しつこく漢字テストを行ってきた。最初は予告ありのテスト、最近は範囲を広げて難問を抽出する漢字テストを実行。「漢字をがんばった」と振り返る子どもたちが多かった。
    冬休みまであと、7授業日。これからが大変だが乗り切ろう。

    alby at 22:20コメント(1)トラックバック(0) | 教育の話題一般   mixiチェック

    2007年12月11日

    インタラクティブスタディがバージョンアップ! 4

    6fef0759.jpg本校新任の先生が授業参観されると聞いたので、インタラクティブスタディを使った授業を公開した。教室での一斉指導→コンピュータ室で個に応じた指導という流れ。
    以前はインターネット推進委員会で積極的に研修が行われていたが、最近は、残念ながら初任研でしか研修が行われていないようだ。だから、バージョンアップしていることに気付かない教師もたくさんいる。
    利用した教材は新学会システムのSuper Interactive School V2.5 基礎・基本コース 小学校版算数「分数の足し算」。以前は2回間違っても次の問題に進めたり、古い学習指導要領の教材だったりしたが、バージョンアップして新しい問題になり、間違った問題は練習問題の最後に再度出題したり、誤答パターンや支援を充実させたりして、確実に力のつく教材に進化している。
    せっかくよい教材が導入されたので、これをうまく活用して児童に力をつけさせる授業づくりを進めていく必要を感じている。

    alby at 21:53コメント(2)トラックバック(0) | 情報教育   mixiチェック

    2007年12月09日

    ポンデライオンをゲット! 5

    11cd9f85.jpg念願のミスタードーナッツポンデライオン(小)のぬいぐるみを手に入れた。元旦からコツコツと500ポイントを貯めた成果。坊主の黄色いラインオンのたてがみがポンデリングになっているという斬新な構造。部屋に飾っているが、これが大変可愛い。来年は1000ポイント貯めて、ポンデライオン(大)のぬいぐるみを手に入れたいと思った。
    ちなみに500ポイントとはいくらドーナッツを買えばもらえるのか。100円で3ポイントだから、500÷3×100=16,667円分ということ。ちなみにドーナッツ1個の値段は平均126円だとすると、16,667÷126=132個。一年間にドーナッツ132個。食べ過ぎ!

    alby at 19:58コメント(4)トラックバック(0) |   mixiチェック
    月別アーカイブ
    最新コメント