2005年01月

2005年01月21日

全校雪玉作り

258bbfcb.jpg業間休み、児童会主催で「全校雪玉大会」が開催された。グラウンドには雪だるまが乱立!2年生はかまくらを作った。学校長が一番張り切っていた。
雪が積もったら絶対に雪遊びをしているなー。
  • mixiチェック

2005年01月20日

・・・書けず

…論文、なかなか書けない。苦しー。
明日、締め切り、一本。同時並行でもう一本。今夜が勝負!
  • mixiチェック

2005年01月18日

ちょっと風邪

よく寝て、元気になろう。
  • mixiチェック
alby at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月16日

震災と教育を考えるシンポジウム

昨日に続き、ラッセホールで阪神・淡路大震災10周年記念事業が開催された。「震災の教訓を生かし、子どもたちの人間的成長を育む教育の創造」をテーマにシンポジウムが開催された。
中国からは内陸で起きた雲南地震や青会省地震の報告。トルコからはトルコ大地震では仮設校舎や避難所生活で子どもたちの学習に対する意欲が低下したこと。フィリピンからはピナツボ火山噴火でアエタ族が環境を大切にしていく決意をしたこと。インドからは今回のスマトラ島沖地震で津波に対する知識がなく、多くの犠牲者を出したこと。アメリカは、台風やハリケーン、津波で被災した人々の心のケアのとりくみについてなどが報告された。
同時通訳機を初めて利用し、ちょっと感動。共通していたのは、被災した子どもたちへ、心のケアのとりくみをこれからも進めていくことだ。
  • mixiチェック

2005年01月15日

中国・アメリカ・トルコ・インド・フィリピン教育交流団

2aae095a.jpgラッセホールで「歓迎の夕べ」が開催された。6ヵ国の教育界の人々が集まり、明日のシンポジウムに向けて交流した。トルコやインドの言葉なんて初めて聞いた。英語話せないしどうしよーと緊張していたけれど、披露宴のようなグループごとに座る形式だったので、外国の人と一緒になることはなかった。
一色先生がもちつきをしていた。私はもっぱらご馳走を食べた。シーサイドホテル舞子ビラ神戸宿泊。
  • mixiチェック

阪神・淡路大地震災10周年大規模災害対策シンポジウム

神戸国際展示場で開催された。参加者は1,406人。司会は高橋優子(NHKかんさい)さん。10年前の震災をふりかえり、災害時の支援活動をそのようにとりくむのかを考えた。特に、震災時指揮をとっていた元自衛隊中部方面総監 松島悠佐氏の講演は当時の様子をリアルに語られ、大変興味深いものであった。
  • mixiチェック

2005年01月14日

「アルボース」固まる!

3d8ae043.jpg子どもが「トイレの石鹸が固まっている!」と言ってきたので、調べにいった。2学期末にトイレの液体石鹸(アルボース)の入れ物に液体クレンザーが入れられるという珍事件があったので、また生活指導をしないといけないと思った。これをされると、容器から石鹸を全部出して洗浄しなければならない。しかも、今回は校舎中のすべてのトイレでされていたので、これは悪質だと思った。
担当のY田先生に問い合わせると、アルボースが「分離」しているとのこと。アルボースの分離!?そんなの今まで聞いたことがない。本当かなーと思って、メーカーに電話した。担当者いわく「アルボースは10倍希釈が原則です。しかし、寒い地域では濃度が薄いと石鹸成分が沈殿することがあります。対策として5倍〜7倍希釈をしてください。」とのこと。こんなこと初めて知った。
Y田先生に「どのように希釈しているのですか」と聞くと、「色で見ています♪」とすかさず返答。むっちゃ適当な作り方やなー、これまでのアルボースが薄すぎたのが原因だと思いながら、2リットルペットボトルで5倍濃度の作り方をいい、最後に「これからは、この色でお願いします☆」と伝えて今回の事件は幕を下ろした。学校中のトイレで石鹸の入れ替えを毎回することは大変だからね・・・

ちなみに、この色です。写真の手はY田先生。
arbos.jpg
  • mixiチェック

2005年01月13日

雪合戦

76a37240.JPG氷上の中では一番雪深い本校。昨日から雪が降っていた。こうなると、雪好きな私は、とける前に雪遊びをしないといけない衝動にかられる。
子どもたちと雪合戦をした。
  • mixiチェック

2005年01月11日

丹波市情報教育実践発表会の申込書完成

2005年2月22日(火)ハートフルかすがで、静岡大学の堀田龍也先生をむかえて丹波市情報教育実践発表会が開催される。今日は3学期の始業式だったが、申込書の締切り日だったので、申込書を書き上げた。夕方、市教委に提出しに行ったが、堀先生は来客中だった。以下、西小からの発表内容。

○発表テーマ
「確かな学力」を身につけた西っ子の育成
〜1年生国語科におけるIT活用の実際〜
○実践概要
わかる授業作りから学びの楽しさを求めてきた西小のとりくみを、1年生国語科の実践をもとに紹介する。まず、乗り物図鑑を電子紙芝居でつくろうと児童に呼びかけた。その乗り物図鑑の書き方を、教科書の基本文型をもとに個別の学力に応じてしっかり理解させ、児童に書く力をつけた。児童はつけた力を発揮して説明文を作成し、楽しく電子紙芝居作りにとりくんだ。IT活用については、児童は初めてコンピュータを学習するので無理はせず、意欲づけと基本的な機器操作の習得にとどめた。電子紙芝居作りを通して、児童は最後まで興味を持って学習にとりくんだ。
  • mixiチェック

2005年01月10日

校内ネットワーク活用推進フォーラム収録集

8c650c85.jpg事前に頼んでおいた2004情報教育対応教員研修全国セミナーの収録集(堀田龍也先生監修)が届いた。これはSky株式会社が無料で編集・発行しているもの。毎年セミナーに参加したいなーと思いながら行事が重なり参加できていないので、この収録集はかなり重宝している。会場の様子やプレゼンのシート、発言がしっかりと記録されているので読み応えがある。
もうみなさん、ごらんになられましたか?1日では読めないので少しずつ読んでいきます。
  • mixiチェック
月別アーカイブ
最新コメント