愛媛大学
早朝から飛行機や空港リムジンバス、路面電車を乗り継ぎ、愛媛大学にやってきた。愛媛県は初めてでドキドキする。そして、日本理科教育学会全国大会にも初参加。

日本理科教育学会全国大会
午前中は、L会場で「諸外国の科学・理科教育」の一般研究発表を聞いた。午後は、M会場で「理科授業を通して学び続ける教師教育プログラムの開発に関する実証研究」の課題研究発表を聞いた。

国立政策研究所調査官による「熟達者はいかに授業を変容させるのか」「熟達者が中学校理科において授業を変容させる契機とは何か」などの発表は、かなり興味深かった。

印象に残った言葉は「教師が変わり、授業を変容することは大切である。そして、その結果として、生徒が変容し学力の向上を図らなければならない。平成24年度全国学力・学習状況調査の詳細分析から考えると、この生徒を変容させることに課題がある。」ということ。

教師が変わり、授業が変わり、児童も変わる、というところまで突き詰める必要があると感じた。2学期から魅力ある授業を提供していきたい。