文化財防火訓練
春日町多利の阿蛇岡神社で文化財防火訓練が行われた。90名が参加。私たちの部は中継を行い、私はいつも通り本部伝令をした。

本部の指揮により、送水圧力を上げる作業は、なかなか時間がかかった。筒先から伝達するのか、水利から伝達するのか、2通りの方法を試した。

本部にいると全体の様子が無線によって把握できるが、それぞれの部ではどのような状況なのか把握できていないと感じた。本部伝令が各部に細やかな状況報告を求め、全体の様子を伝達する必要を感じた。