細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

教育工学

JAET教育の情報化実践セミナー2010in丹波のおしらせ

ブログネタ
研究会 に参加中!
JAET教育の情報化実践セミナー2010を丹波で開催します。
たくさんの参加者をお待ちしています。(参加費無料)

日時 平成23年2月19日(土)13:00−17:00
場所 ゆめタウンポップアップホール

13:00-13:10 オリエンテーション:木原俊行(大阪教育大学)
13:10-13:40 基調講演「新学習指導要領の完全実施と教育の情報化」講演者:堀田龍也(玉川大学)
13:40-15:10 事例報告1 司会&コメンテーター:野中陽一(横浜国立大学)
(1)「顕微鏡を使った正しい観察法の指導」
    黒田一之(兵庫県丹波市立新井小学校)/丹羽亜希子(株式会社エルモ社)
(2)「基礎基本の定着で授業にメリハリをつける」
    笠原晶子(群馬県前橋市立桂萱東小学校)/三好亜理紗(チエル株式会社)
(3)「電子黒板の活用でめざす授業改善」
    内田 淳(兵庫県明石市立松が丘小学校)/野川里香(株式会社内田洋行)
15:20-15:50 企業展示
16:00-16:40 事例報告2 司会&コメンテーター:木原俊行(大阪教育大学)
(4)「家庭と連携した情報モラル指導」藤原義行(兵庫県丹波市立鴨庄小学校)
(5)「中学校全教科で取り組むICT 活用(仮)」笠岡美穂子(広島県三原市立幸崎中学校)
16:40-16:50 セミナーのまとめ等:堀田龍也(玉川大学)
16:50-17:00 展示見学後閉会

<参加申し込み・問い合わせ先>
●お名前 ●ご所属 ●連絡先メールアドレス ●連絡先電話番号 を info@jaet2011.com までお送りください。

案内チラシはこちら

第36回全日本教育工学研究協議会全国大会上越大会1日目

ブログネタ
アカデミックな日常。 に参加中!
上越市立春日小学校
上越市で開催されている第36回全日本教育工学研究協議会全国大会上越大会に参加している。

午前中は、上越市立春日小学校の公開授業をみる。どの授業もICT活用が日常化していた。文部科学省指定の道徳の研究をされているようで、道徳の授業公開も多い。次年度の公開授業校として、研究主任の福永先生と情報交換をした。

午後は全体会。文部科学省教科調査官の田村学先生の基調講演をきく。新学習指導要領のポイントや、習得・活用・探究の学習活動についてよく理解ができた。

その後のパネルディスカッションは、上越市の教育長や校長、大学の研究者などが登壇され、上越市の教育が語られた。いつもながら木原先生の話はわかりやすかった。

司会者からはツイッターの使用を禁止され、ツイッター上の議論ができなくて残念だった。明日のパネルディスカッションはツイッター使用が許可されるようなので、盛り上がりを期待したい。

懇親会では、丹波竜のちーたんが登場。ゆるキャラが4体集まり、大変盛り上がった。撮影会になった。丹波市が充分アピールできた。
JAET2010ゆるキャラ

上越市に向かって出発!

小矢部川SAますいくら丼

第36回全日本教育工学研究協議会全国大会上越大会に参加するために、丹波市から上越市に向かってバスで出発した。丹波竜のキャラクター「ちーたん」も同乗している。

ちーたんは大きいので、バスの後部座席4席全部を使って座っている。私は同僚の黒田先生と同席。私も彼も体が大きいのでかなり窮屈。長時間座っているのはちょっとつらい。

丹波市からは指導主事や校長をはじめとする15人の視察団を編成して、次年度の全国大会開催に向けて2泊3日で営業活動を展開する。

夕食は、富山県の小矢部川SAで、「ますいくら丼」を食べる。教頭は「黒ラーメン・チャーハン定食」を食べられていた。

氷上情報教育研究会11月の例会

氷上情報教育研究会11月の例会

氷上情報教育研究会11月の例会に参加した。事務局の先生がレーシックの手術をされて,眼鏡なしで参加されていた。むちゃくちゃよく見えるらしい。

さて,今日は,11月20日に行われるJAET2010上越大会分科会の発表練習を行った。お互いにプレゼンをし,改善点を指摘しあった。氷上情報教育研究会からは今年度3本の発表を予定している。来年度は丹波市が会場になり,本校も公開授業校になる。次年度の成功に向けて,今年度の大会も意欲的に取り組んでいきたい。

第35回全日本教育工学研究協議会全国大会・茨城つくば大会4

db2bac6f.jpgつくばカピオで開催された第35回全日本教育工学研究協議会全国大会・茨城つくば大会に参加した。分科会「D.情報モラル・セキュリティ」で発表をした。
分科会会場は,パネルで仕切ったブース形式。マイクが使えないので,大きな声で話した。思ったよりたくさんの方に聞いていただけた。質問は,「質問調査で,携帯電話保持者とそうでない児童の相違はあるか」「映像を見せて話し合う授業だが,インタラクティブな教材を使った授業もある」という2点だった。
細見隆昭 (2009) 情報の積極的活用を促す情報モラル教材の検証.第35回全日本教育工学研究協議会全国大会 論文集,D-09
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    twitter
    Profile
    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索