細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

実物投影機

Hot Eduプラス Vol.4

Image_Mate
株式会社エルモ社の冊子「ホットエデュ・プラス Vol.4, p.17」 に、「Image Mateで間欠録画して」という実践事例を紹介していただいた。

小学校3年生理科「かげのでき方と太陽の光」で、かげの向きと太陽のいちを観察する場面。実物投影機を用いて、かげの動きを間欠録画した。

HOT Edu+ は、希望すれば無料で送付していただけるので、ご興味のある方はどうぞ。
http://www.classroom-solution.jp

顕微鏡と実物投影機を接続

ブログネタ
授業の工夫 に参加中!
顕微鏡と実物投影機を接続
6年生理科「植物のつくりとはたらき」では、今年から植物の蒸散について取り扱うようになった。顕微鏡で気孔を観察する場面が教科書にある。まるで中学校理科みたい。

放課後、校内の理科部会で、気孔の観察について研修した。材料は、ツユクサ、ジャガイモ、ホウセンカ。

顕微鏡の画像は大勢で共有しにくい。そこで、教室にあるエルモ社の実物投影機L-1exを顕微鏡に接続し、大型テレビで顕微鏡の画像を表示した。

実物投影機と顕微鏡をまっすぐに接続するところが難しいが、大型テレビには期待していたレベルの画像が表示できた。その場で、SDカードに画像を記録した。

今回わかったのは、ツユクサ、ジャガイモ、ホウセンカの順で気孔が観察しやすい。ツユクサは、葉が薄くめくりやすい。ジャガイモはめくりにくい。ホウセンカは気孔が小さく観察しにくい。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索