細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

丹波市立植野記念美術館

さくらももこ ちびまる子ちゃん展

ちびまる子ちゃん展
丹波市立植野記念美術館で開催されている「さくらももこ ちびまる子ちゃん展−25年目の小学3年性−」を見てきた。

りぼん連載の扉絵や単行本の表紙の原画が展示されていた。4コマ漫画のちびまる子ちゃんも見た。ほのぼのとした絵に心が癒された。

ちびまる子ちゃん展は9月2日(日)まで開催される。ぬり絵のコーナーもあったので、娘にさせてみた。夏休みは親子連れでにぎわいそうだ。

サクソフォンによるサロンコンサート

丹波市立植野記念美術館のミュージアムコンサートを聞いてきた。演奏者は,西本淳さん(サクソフォン),關口康祐さん(ピアノ)。曲目は,バッハ,シューベルト,ドヴォルザーク,ドビッシュー,モーリスなどのクラッシックで構成されていた。

ヤマハのグランドドピアノは,今年7月に植野記念美術館に寄贈されたものらしい。

ミュージアムコンサートの後は,「天使がいた時代 ヨーロッパ絵画展 −バロックから近代へ−」を鑑賞した。なかなか日本では見るとこができない油絵の世界を堪能した。

「木のぬくもり展」丹波市立植野記念美術館

ブログネタ
貴方が行った美術館・博物館 に参加中!
木のぬくもり展

丹波市立植野記念美術館で「親と子で遊ぶ 木のぬくもり展 -杉山明博 造形の世界-」のオープニングイベントがあった。造形作家の杉山明博さんが作品解説会「木工造形の魅力」をされた。

娘は、象やアザラシ、数字などに加工された、いろいろな形をした引き出しの取っ手が気に入ったようだ。

研修室では、親子で木を使った遊びが自由にできる場所が用意されている。初日からたくさんの親子が来館されていた。
研修室

親と子で遊ぶ 木のぬくもり展
期間 2011年6月25日から8月31日
主催 丹波市教育委員会、丹波市立植野記念美術館、神戸新聞社
開館時間 午前10時から午後5時( 入館は午後4時30分まで) 
休館日 月曜日(但し7 月18日は開館、翌19日が休館)
入館料 大人500 円、学生300 円、小・中学生200 円

さとうわきこ絵本原画展 丹波市立植野記念美術館

植野記念美術館見学

丹波市立植野記念美術館で開催されている「さとうわきこ絵本原画展」に、3年生児童を引率した。

さとうわきこさんは「ばばばあちゃん」で有名な絵本作家。『ばばばあちゃんのマフラー』(1997)、『ばばばあちゃんのアイス・パーティー』(1995)、『うみのおまつりどどんとせ』(2006)、『せんたくかあちゃん』(1978)、の全場面と文章が展示されている。

子どもたちは「細かいところまでかいてある」「絵がかきたくなった」と感想を言い、とても好評だった。

スズキコージの大魔法画展

スズキコージの大魔法画展
丹波市立植野記念美術館で6月13日まで開催されている特別展「スズキコージの大魔法画展〜絵本ワンダーランド〜」に3年生児童を引率した。
移動中のバスは大騒ぎ。美術館に着くと,細見館長の注意や説明があった。トライやるウィークで氷上中の2年生が社会体験をしていた。西小の教え子2名がいた。大きく成長していたので頼もしく感じた。
作品は,立体作品や壁面いっぱいの大型作品など,普段児童が見ることができない貴重なものだった。子どもたちは楽しそうにしていた。感想文を書かせたので,月曜日に読むのが楽しみ。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    twitter
    Profile
    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索