ブログネタ
勉強に役立つ本 に参加中!
神戸や大阪に出かけるときは,電車に乗ることにしている。最寄りの駅は1時間に1本しか電車が通らない不便なところ。篠山口まで行けば電車の本数が多くて,時間的にも速いが,読書のためにあえて不便なところから電車に乗ることにしている。

電車の中で読んだのは,新聞,雑誌,文庫本。文庫本は2010年に購入していたファラデーの『ロウソクの科学』。なかなか読む機会がなかったので,今日は読破できてよかった。

高校時代,一番好きな教科は化学だった。したがって,『ロウソクの科学』は大変興味深い読み物だった。

岩波文庫は文字ばかりで解説がなく読みにくいという意見もある。しかし,ファラデーがクリスマスに行った6つの講演を順番に読み,当時の実験の様子を想像するのはかなり楽しい読書となった。

6年生理科では,「ものが燃えるとき」「ヒトや動物の体のつくりとはたらき」という単元がある。この学習を終えた読書力のある児童が『ロウソクの科学』を読むと,理科がもっと好きになると思った。