細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

パナソニック教育財団

パナソニック教育財団 成果報告会 に出席

パナソニック教育財団成果報告会
日暮里にあるホテルラングウッドで開催されたパナソニック教育財団 成果報告会 に出席した。駅から徒歩1分だが、雨のためビニール傘を購入。

はじめに、「くるま座ディスカッション」をした。私は近畿3というグループで、専門員は園田学園女子大学の掘田博史先生。大阪府立東百舌鳥高等学校は、48台のiPadを運用するノウハウを話された。河内長野市立天見小学校は、テレビ会議システムで発展途上国の理解をされた実践を発表された。私は本校で整備した指導用デジタル教科書の活用について報告した。

次に、特別研究指定校の成果報告が「ポスターセッション」で行われた。11本のポスターがあり、それぞれの研究リーダーから研究の経緯や成果を聞かせていただいた。

最後に、「特別研究指定校の実践おけるICTの位置づけ」という「シンポジウム」があった。これはUSTREAMで生中継された。ファシリテーターは長崎大学の寺嶋浩介先生。初めてお話を聞いたが、研究指定校の特色を上手く整理されていて、大変わかりやすい内容だった。具体的には、研究指定校における研究推進リーダーの特色を、助成前・助成中・助成後にわけて整理されている点に感心した。

一流の実践者と研究者が集まる刺激的な研究報告会だった。

http://www.ustream.tv/channel/panasonic-education

西宮市立北六甲台小学校 研究発表会

ブログネタ
研究会 に参加中!
パナソニック教育財団特別研究指定校、西宮市教育委員会指定の西宮市立北六甲台小学校の研究発表に参加。国語を中心に2コマの研究授業を見た。研究授業のコマ数が多く、充実していた。

校長先生の話によると、授業者の平均年齢は36歳。平均経験年数は8年という。ずいぶん若い組織である。あと数年で、どの学校もこのような組織構成になるのだろう。

特別講演は、元文部科学大臣の遠山敦子先生。

丹波市からは3名の先生が来られていた。

会場で撮影した写真は公開できないので、足下を撮影。革靴に布をかぶせてそのまま校内に入った。スリッパや靴置き場がいらないので、なかなかおもしろいアイディアだ。
スリッパ

ICT絆プロジェクト事業 合同公開授業研究会

絆プロジェクト
守口市立橋波小学校で開催された合同公開授業研究会に参加した。橋波小学校は,総務省のICT絆プロジェクト指定校,パナソニック教育財団特別研究指定校として注目されている。

まず,5年生社会の授業を参観した。内容は兵庫県でいう防災教育で,緊急地震速報を取り扱っていた。

授業開始前には,一人一台のタブレットPCで漢字ドリルの学習をしていた。専用ペンで画面に直接書き込みをしていた。

また,授業中,児童はタブレットPCで,インターネットの動画を見たり,ワークシートに書き込みをしたりしていた。

授業者の汐留先生は,放送教育の研究会でご一緒させていただいたことがある。映像を見せたあと,「どの県の話でしたか」と発問し,それに対して子どもがすぐに答えていた。日頃から,資料から必要な情報を取り出すトレーニングが積み重ねられていると感じた。

授業後は,体育館でポスターセッション。大勢の先生がポスターの前に立たれてこれまでの取り組みを説明されていた。学校全体で授業研究に取り組まれていることが感じ取れた。

その後,松浦先生の研究発表を聞いた。隣の守口市立三郷小学校と連携して研究を進める「小小連携」という言葉が斬新だった。

パナソニック教育財団 実践研究助成 決定

ブログネタ
授業の工夫 に参加中!
財団法人パナソニック教育財団の「第37回 (平成23年度) 実践研究助成」(一般)をいただけることになった。

http://www.pef.or.jp/01_jissen/03_list_h23.html

応募は310件で、助成は71件だったよう。期間は1年間で、助成金は50万円である。

丹波市では、新井小学校と和田小学校が助成を得た。ともに、ICT活用の研究指定を受けている学校である。これを機会に環境整備を進めて、児童によりよい授業を提供していきたい。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索