細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

デジタル教科書

指導用デジタル教科書 バージョンアップ

啓林館の指導用デジタル教科書わくわく算数・理科がバージョンアップされた。啓林館のホームページからダウンロードできるようになっている。デジタル教科書を使われている学校はバージョンアップをおすすめしたい。

啓林館
http://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/

(財)理数教育研究所 設立記念講演in大阪

安藤忠雄先生の講演
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)10Fで開催されたRimse(財)理数教育研究所 設立記念講演in大阪に参加した。

記念講演は安藤忠雄さん。「夢かけて 走れ」という話を聴いた。日本のよさ、世界を見ること、教育には「野生」がを復活させなければならない、など大変刺激な内容だった。最近聴いた講演の中では、抜群によい話で感動した。次元が違うと思った。

著書『仕事をつくる―私の履歴書』を購入し、サインをしてもらった。会場の参加者は800人。サイン会はすごい行列だった。

その後、パネルディスカッションを聴いた。数学者、算数教育の専門家である、岡本和夫さん、清水静海さん、根上生也さんが壇上に登場。コーディネータは、「教育の情報化に関する手引き」を執筆された玉置崇さん。

算数的活動・数学的活動をテーマに話し合いを進められた。学習用デジタル教科書もテーマに出された。指導用デジタル教科書は本校でも普及してきたが、児童が用いる学習用デジタル教科書の活用のイメージは想像できない。

丹波市でも三輪小学校や小川小学校のような全国でも最先端のICT環境がある学校では、学習用デジタル教科書は活用されているのかなと思った。氷上情報教育研究会で情報交換を進めていきたい。

洲本市教育センター 夏季研修講座

洲本市教育委員会
洲本市教育委員会の夏季研修講座で話をした。テーマは「「デジタル教科書の効果的な使い方」 。対象は市内小中学校の情報担当者の先生。

研修のねらいは次のように設定した。
デジタル教科書の有効な活用方法を知る。
ICTを活用した授業実践事例紹介を通して、2学期からの授業づくりに活かす。
デジタル教科書を含む教育におけるICT活用を校内で推進できるようになる。
これまでの実践を振り返るよい機会を与えていただいたことに感謝したい。

夏休み 早速校内研修を実施

岡部先生
指導用デジタル教科書を活用し、算数的活動を行う際のポイントについて、神戸大学の岡部先生に示唆していただいた。

第37回全日本教育工学研究協議会全国大会丹波大会(JAET2011)で公開する、1年算数「3つの数のけいさん」、3年理科「かげのでき方と太陽の光」、5年算数「面積」、6年理科「月と太陽」の指導案を検討した。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索