細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

スキルアップ

第2回 教師力スキルアップセミナー

ブログネタ
研究会 に参加中!
ブロック裏返しパズル
丹波市教育委員会の第2回教師力スキルアップセミナーに参加した。内容は、示範授業と講義。

帝塚山大学教授 勝美芳雄先生が、丹波市立前山小学校6年生に算数「約数の個数によって整数を分類しよう」という授業をされた。

教材は「ブロック裏返しパズル」というオリジナル教材。第6回日本数学オリンピック予選に出題された問題を小学生でも学習可能になるように改作されたらしい。

授業参観しながら、子どもたちと同じように問題を解いた。なかなか難しい。約数の個数に注目するという予想外の展開になり、知的好奇心が刺激される魅力的な授業だった。

授業を通して考えたことは次の2点。第1は、子どもが「やってみよう」と目を輝かせる課題を準備すること。そうすることで、自然に子どもが考え始める。第2は、解決に向けての手立てを用意しておくこと。授業中に思考が停まり、どうしようかという場面になった。そのとき、解決を促すためのワークシートを配布して、考え方を示された。

前山小学校の6年生17名が一生懸命、問題に向き合っている姿は素敵だった。すばらしい発想の児童もいた。本校の6年生にも参観した内容を伝えようと思う。

丹波市教育委員会 第5回教師力スキルアップセミナー

第5回スキルアップセミナー
丹波市柏原住民センターで開催された,丹波市教育委員会 第5回教師力スキルアップセミナーに参加した。これは平日の夕方開催される教員対象のセミナー。参加自由だが,毎回参加されている人もいる。私は,子どもが帰ったあとに参加できるので,勤務時間外になるがこういったセミナーを開催していただいてありがたく思っている。講師陣も充実している。

今日の講師は,大阪大谷大学教授小西豊文先生。小西先生の最近の書籍『小学校算数 授業力をみがく 実践編 〜達人から学ぶ算数道場』(2011)の内容が,主な講演内容だった。

「算数的活動」を明確にしましょう,取り扱う数・量・図形を吟味しましょう,子どものつぶやきを拾って捲きましょう,など,具体的な話を聞くことができた。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索