細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

オオムラサキ

RikaTan2011 8月号にオオムラサキの記事が掲載

RikaTan201108
文一総合出版発行の月刊誌「RikaTan」2011年8月、やってみよう!小学生楽しい実験・観察コーナーにオオムラサキを観察した記事を掲載していただいた。
細見隆昭(2011)「国蝶オオムラサキを観察しよう!」、RikaTan、2011年8月号、pp.38-39

国蝶オオムラサキの話を聞く

国蝶オオムラサキ

丹波の森公苑の足立隆昭さんに来校していただき、「国蝶・オオムラサキ」の話を聞かせていただいた。

今年も新井小3年生でオオムラサキの飼育に取り組みたい。

兵庫丹波オオムラサキの会 発足会

ブログネタ
気になる虫・変な虫 に参加中!
兵庫丹波オオムラサキの会
兵庫丹波オオムラサキの会発足会が丹波の森公苑で開催された。お誘いがあったので参加した。会員74名の組織。会の目的は「国蝶・オオムラサキが飛翔する空間と自然豊かな丹波の里山文化を創造する」ことである。

最初に、オオムラサキの越冬幼虫捕獲体験があった。

次に、京都大学名誉教授河合雅雄先生の講演「文化林としての里山」を聞いた。新聞社が2社ほど来られていて、写真をたくさん撮られていた。

最後に、役員が決定し、閉会した。6月の成虫が舞う頃、総会をすることになった。

第2回 国蝶オオムラサキ放蝶会

オオムラサキの放蝶

丹波の森公苑で行われた第2回国蝶オオムラサキ放蝶会に参加した.

プログラムは,1 主催者挨拶,2 河合雅雄 丹波の森公苑名誉公苑長のお話,3 七夕祭り,4 みんなで歌おう!「オオムラサキのうた」「七夕さま」「シューベルティアーデ たんば」,5 オオムラサキをクヌギ林へ放蝶,6 記念撮影.

河合雅雄さんは,河合隼雄さんの兄である.実際にお話をしたのは初めて.一方,朝日新聞東京本社からも取材の方がゲスト(?)で来られていた.地方紙も何社か取材されていたので,今日のイベントは明日の新聞に掲載されるだろう.

新井小からも6名が参加.参加者全員でオオムラサキを雨空に放蝶した.その後,すぐにおなかをすかしたツバメが飛び回った(汗)
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    twitter
    Profile
    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索