細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

教育の話題一般

第8回教育実践対話集会「ひかり」オンライン学習会

ひかりオンラインミーティング
藤原先生に誘われて参加した、第8回教育実践対話集会「ひかり」オンライン学習会。いつもは兵庫教育大学附属小学校が会場のようだが、本日はオンラインということで自宅から参加した。

参加者は9名で、佐賀県、鳥取県の先生もおられた。

兵庫教育大学の淀澤勝治先生から、道徳と特別支援教育に関する話を聞いた。附属小学校の先生からは社会科の実践発表を聞いた。私は、小学校6年生理科電気の利用のプログラミング授業について報告した。

主催された藤原先生のコーディネートが実に素晴らしかった。講義を聴いたあとに、グループセッションをした。Zoomにはこんな使い方もあるのかと思った。

コロナ感染症対策のために、各種セミナーがオンラインで開催されることが増えた。私はここ2週間で、たくさんの方とオンラインミーティングで話をすることができている。

第71回兵庫県幼・小・中造形教育展

第71回兵庫県幼・小・中造形教育展
神戸・三宮のさんちかホールで開催された「第71回兵庫県幼・小・中造形教育展」を見ました。応募された約1万点から選ばれた推奨・特選作品360点が展示されていました。


担任している5年生児童の作品を見ることが目的でした。しかし、推奨作品を見ると、豊かな感性で伸びやかに描かれた表現が多く、とても勉強になりました。会場には知り合いの先生も数名鑑賞されていました。

昨年度から独自に描き始めた「プログラミングしている友達」の絵。今年は特選になり、絵を描いた子の技術ももちろん凄いですが、今年の教育を表すテーマとして選定されたのかもしれないと思いました。

丹波新聞の新春文芸展も同じテーマの作品を応募したので、元旦の結果発表が楽しみです。プログラミング教育の推進について、別の角度から貢献できたと思います。
プログラミングする友達

永年勤続職員表彰式

永年勤続職員表彰式
兵庫県公館で開催された、兵庫県教育委員会の令和元年度永年勤続職員表彰式に参加しました。

教育長は、挨拶で、「受賞者は334名です。平成11年と言えば、ちょうど就職氷河期でした。神戸須磨の事件をきっかけに、トライやるウィークが実施されることになりました。兵庫県では行政構造改革が始まりました。」と言われました。

本年度の受賞者の多くは、平成11年度採用の方です。確かに、大学の同級生は4名しかいません。当時の採用倍率は全体で20倍程度だったと記憶しています。大きな給与の減額も2度経験しました。大変厳しい時代でした。

兵庫県公館
「失われた世代」「ロストジェネレーション」という言葉は他人ごとではありません。宝塚市のように、就職氷河期世代を応援される自治体が増えることを期待しています。

記念公演は、姫路西高等学校ギター・マンドリン部の演奏でした。BUMP OF CHICKEN「天体観測」で始まりました。さわやかな演奏で、青春を感じました。ありがとうございました。

第9回たんばっ子!学びフェスタ

第9回たんばっ子!学びフェスタ
丹波篠山市四季の森生涯学習センターで開催された「第9回たんばっ子!学びフェスタ」に娘と参加した。

小学校2年生から6年生を対象に「チャレンジQ」という40分の国語と算数のテストがあり、各学年上位3名が表彰されるというイベント。保護者も小6問題にチャレンジできるので、子どもと一緒に挑戦した。

午後は「丹波地域まちの自慢発表」があり、岡野小、多紀小、小川小、大路小の発表があった。どの学校もこの日のために発表練習をされてきたことがわかった。中でも、京都大学総合博物館が協力した「岡野隕鉄」の発表は興味深かった。

パンフレット「すごいぞ岡野隕鉄

運動会

進修小学校運動会
雨のため延期されていた子供の運動会が実施された。曇り空で暑くなく、ちょうどよい気候だった。

高学年の表現はエイサー。衣装や太鼓が一人一人準備されており、かっこよかった。組体操の実施が困難になったので、各校どのような表現をされるのか、同業者として興味があった。

平日開催のため、観覧者は少なかった。閉会式後、地区のテントを2張、公民館の倉庫に父と片付けた。

児童生徒のアレルギー疾患への対応に関する研修会

児童生徒のアレルギー疾患への対応に関する研修会
山南住民センターで開催された児童生徒のアレルギー疾患への対応に関する研修会に参加した。

講師は、ならばやしこどものアレルギークリニック院長楢林成之先生。「児童生徒の食物アレルギーへの対応〜エピペンがあれば怖くない?〜」という講演を聞いた。専門医ならではのお話で、大変勉強になった。

食物負荷試験の保険適応は8歳まで、という衝撃の事実を知った。丹波市では、丹波医療センター小児科で受けることができる。日帰り入院が必要。

ならばやしこどものアレルギークリニック
https://nacinkobe.com/

三代目 磯尾柏里 彫刻展

三代目磯尾柏里彫刻展
丹波市立植野記念美術館で開催されている「三代目 磯尾柏里 彫刻展−明日を見つめて−」を鑑賞した。ちょうど、「赤ちゃんからの美術鑑賞ツアー」が開催されていて、小さな子がたくさん来館されていた。

立体作品をどのように作るのだろうと思っていたら、粘土で型を作り、FRPで成形するということを初めて知った。

丹波市立植野記念美術館
https://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/

ニューリーダー育成研修

ニューリーダー研修会
山南住民センターで丹波市教育委員会のニューリーダー育成研修に参加した。

講師は大学院時代同期の筒井先生。「深い学びの授業に向けて」という講演を聞いた。

学校職員交通安全研修会及び青色防犯パトロール講習会

春日文化ホールで開催された学校職員交通安全研修会及び青色防犯パトロール講習会に参加した。

青パト資格の実施者証を更新した。3年に一度の更新が必要らしい。

第1回教師力スキルアップセミナー

第1回教師力スキルアップセミナー
柏原住民センターで開催された丹波市教育委員会第1回教師力スキルアップセミナーに参加した。

講師は播磨町立播磨西小学校の松井先生。「主体的・対話的で深い学びにつながる算数科の授業づくり」という講演を聞いた。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索