細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

理科教育

手塚治虫とオサムシ

手塚治虫とオサムシ
手塚治虫は、小学校3年生から昆虫採集を始めた。本名は治(おさむ)。ペンネームは、好きな虫であるオサムシからつけた「治虫」を使った。

写真は、教科書の手塚治虫の写真のそばにいるオサムシ。

手塚治虫の人物像や生き方は、東京書籍『新しい国語5』「伝記を読んで感想文を書こう」に記載されている。

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群
ペルセウス座流星群の活動の極大が、22時頃という話を聞いて、自宅で観察した。23時から3時まで結構粘ったが、だんだん雲が多くなり、月も見えなくなったので断念。

写真の左上に、ごく薄い筋のような流星を撮影することができた。合計6個観ることができた。

思い出したのは、高校時代の天文部の観測会のこと。柏原高校の屋上にみんなで寝転び、観察した。そのときお世話になった顧問の進藤凱紀先生も、親友の近藤君も亡くなってしまったけれど、楽しい思い出は心の中にしっかりと刻まれている。

先ほど、お寺の棚経が終わった。お盆休み。

部分日食

部分日食
部分日食の観察をした。残念ながら曇り空。

部分日食の観察
遮光板を通して肉眼では観察できたけれど、写真撮影は難しかった。

戦闘機
戦闘機が2機、爆音を立てて西の空に向かっていたので、次回の日食は空の上から観察したいと思った。

2012年5月21日の部分日食は、登校してくる児童と一緒に完璧に観察できたのに。
http://hosomi.blog.jp/archives/52252802.html

青く光るカワセミ

カワセミ
河川クリーン作戦で、ため池の草刈りをした。休憩中、近所の人が「あ、カワセミや」と教えてくれた。

水面近くの枝の上に、青色に光るきれいな鳥がいた。魚を探し、ダイビングをしてとらえるようだ。確かに、くちばしが長く、魚がつかめそう。

土のがけにトンネルをほって巣を作るらしい。鳴き声は、チッーチー。

ホオジロ

ホオジロ
朝食を食べていると、窓から野鳥が見えた。今朝は、ホオジロ(オス)がいた。

鳴き声は、チョッチョリ、チョリリ、チョヨリリリ。このさえずりは、「一筆啓上、仕り候(いっぴつけいじょう、つかまりそうろう」と聞こえる。さすが男子。他には「源平つつじ、白つつじ」とも。地鳴きはチチッ。

農耕地や草原、伐採後の林など、開けた場所にすむ。16.5cm。

見つけたらすぐに撮影できるように、望遠レンズをカメラにつけている。

紅白のツメクサ

アカツメグサとシロツメグサ
田植えをしているときに、ふと土手を見ると、紅白のツメクサが咲いていた。

アカツメグザとシロツメグサ。なんだか、めでたい。

はやくコロナが収束しますように。

飛行機から撮影した富士山

雲に浮かぶ富士山
神戸空港から羽田空港に向かう途中、富士山がきれいに見えました。雲の中に浮かんでいました。窓側Aの席に座っていましたので、ずっと素敵な景色を眺めていました。

わくわく理科教育セミナー

わくわく理科セミナー
神戸センタープラザ西館で行われた第12回わくわく理科教育セミナーに参加した。

神戸大学附属小学校の田中先生に、6年理科電気の利用におけるプログラミングの授業を教えていただいた。WeDo2.0は持っているが、スイッチロボを作成したのは初めて。人が近づくと電気がつく回路を作成した。

台風10号の接近

台風10号で気圧が低下

台風10号の接近に伴い、イベントが中止されたり、公共交通機関が運休したりしている。丹波市には暴風警報が発令されているが、現在のところ、風や雨は穏やかである。

「不要不急の外出は止めましょう」という呼びかけがあり、予定していた買い物は中止した。しかし、曇り空で暑くなく、草刈りにとても適している天候なので、午前中に山の草刈りをした。

丁度、昼食の時間になり、家に戻った。台所では、気圧の低下によりパスタの袋がパンパンに膨らんでいた。天候は穏やかだが、確実に台風は近づいている。何事もなく過ぎ去って欲しい。

ISS(国際宇宙ステーション)を見た

iss
先日、先輩(たぬきさん)のfacebookで、国際宇宙ステーション(ISS)が見えると知り、家族4人で観察することにしました。

宇宙空間にあるISSは、サッカー場くらいの大きさで、条件が揃えば、日の出前と日没後の2時間ほどの間に地上から数分肉眼で見ることができます。

手持ちの天体観測アプリ「Star Walk 2」で、ISSの軌跡をシミレーションすると、本日は西北西の位置から登りはじめ、南東へ沈んでいくことが分かりました。

我が家は南西にすぐ山があり、観察地点としては適していないので、車で開けた地点へ移動しました。

19時36分ごろ、西の空から明るく輝く光が登ってきました。思わず、「出てきた」「見えた」と大きな声を上げました。

ISSは惑星や恒星とは明らかに違う動きをしていました。また、飛行機のように点滅しません。とても明るい点が、スーと移動します。実際に見えたのは6分間でした。

10mmの広角レンズで撮影しましたが、ピンぼけという初歩的なミスをしてしまい、残念な結果となりました。上の写真の右は上弦の月、中央は木星、左下へ軌跡が残っているのがISSとなります。

撮影場所では、ISSを追いかけて子供たちが南へ伸びた道路を走って行きました。娘は「きれい。ISSはやっぱり速かった」と言いました。ISSは約90分で地球を1周します。

興味がある方は、JAXAのサイトで情報を得ることができます。ぜひ、観察してみてください。

宇宙ステーション・「きぼう」を見よう
http://kibo.tksc.jaxa.jp/
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索