情報教育

2019年06月07日

第1回プログラミング教育実践研修

丹波市立崇広小学校で開催された、丹波市教育委員会の第1回プログラミング教育実践講座に参加した。講師は、特定非営利法人みんなのコードの松川先生。プログラミン教育必須化の背景について学習した。

  • mixiチェック
alby at 17:07|PermalinkComments(0)

2019年03月03日

プログラミング教育セミナーに参加

トンボの大冒険
啓林館のプログラミング教育セミナーに参加。「プログラミング教育の展望」というテーマで,プログラミング的思考やボードゲーム「トンボの大冒険」について,理解を深めた。講師は,大阪青山大学の萩原憲二先生。

  • mixiチェック
alby at 23:30|PermalinkComments(0)

2019年01月10日

子供に仕事の仕方を教えてもらう

子供たちが作成したプレゼンファイル(40枚)を最終調整しているときに、保存に失敗したらしく画像だけが全て表示されなくなった。使用ソフトは、ジャストスマイルクラスの発表名人。

困ったので、対処方法を教えてもらうために、メーカーサポートに電話した。バックアップファイルの存在も教えてもらったが、復旧できず。画像データは作業中ローカルに保存されているが、みんなのフォルダに保存する際にネットワークエラーが起こると、次回から画像だけが表示されないのが原因らしい。画像を軽くすることを教えられたが、後の祭り。

あきらめて、もう一度子供に作ってもらおうと、子供たちに報告した。すると、ある児童が「それなら、各班のリーダーのところにそれぞれのデータがありますよ。つなぎ直したらどうですか」と提案してくれた。

なるほど、全部画像を差し替えるより、そちらのほうが早い。放課後、早速作業してファイルを復旧。明日の練習に間に合った。子供に仕事の仕方を教えてもらうようになった。

  • mixiチェック
alby at 21:21|PermalinkComments(0)

2019年01月09日

Scratch 3.0 はWindows8には対応していない

Scratch3.0
1月から3.0にバージョンアップしたScratch。昨年までのScratch2.0では、Windows8とInternet Exploreの環境でプログラミングができていた。しかし、今年からは画面のようなエラーがでて利用できなくなった。

2020年から始まる小学校プログラミング教育。Scratchがプログラミング教材としては主となると思われる。Windows8環境の自治体では、新しいブラウザー環境への移行が勧められている。なお、Google ChromeやMozilla Firefox、Microsoft Edgeでは問題なく動作する。

  • mixiチェック
alby at 17:08|PermalinkComments(0)

2018年12月25日

プログラミング教育プロジェクト会議

丹波市山南支所で第2回プログラミング教育プロジェクト会議が開催された。

丹波市プログラミング教育推進計画、丹波市プログラミング教育で育成する資質・能力一覧、丹波市プログラミング教育基本モデルなどが検討された。

丹波市プログラミング教育プロジェクトチーム設置要綱
https://www.city.tamba.lg.jp/reiki/reiki_honbun/r394RG00002114.html#e000000067

  • mixiチェック
alby at 21:00|PermalinkComments(0)

2018年12月08日

氷上情報教育研究会の臨時総会

DSC_1100

基本、丹波市の教職員を対象にしていたが、新たに準会員を設け、広く活動に賛同していただける方を募集することになった。

  • mixiチェック
alby at 13:39|PermalinkComments(0)

2017年12月12日

はなまる集計2017の評定の自動計算

評定の自動設定
教育同人社の得点集計ソフト「はなまる2017」には、通知表の入力に便利な機能がある。

観点別評価から評定に換算するに、校内で独自の換算表を用意して、どの教師でも同じ評定になるように決められている学校も多いと思う。

はまなる2017には、教科毎に学習の記録の評定の自動計算機能が備えられており、これが結構便利なことを今日初めて知った。

例えば、A=3点、B=2点、C=1点として、各観点の評定の合計を計算し、その合計点から評定を算出する。A,A,A,A,ならば3、B,B,B,Bならば2というように、自動計算ができる。もちろん、教科毎に学校独自の基準値を設定できる。上の図は初期設定の値。

授業担当者は、各観点のABCを入力するだけで、学校の基準に応じた評定が自動計算できる。これなら、人為的なミスが発生しにくい。

はなまる2017からは校務支援ソフトC4thへの連携もバッチリなので、エクセルで流し込むと簡単に評定がついてしまう。C4thには自動計算機能はないので、はなまる2017で事前に集計させておくことをお勧めしたい。

  • mixiチェック
alby at 00:14|PermalinkComments(0)

2017年07月02日

総務省 先導的教育システム実証事業に係る成果物の公表

教育ICTガイドブック
総務省では、「先導的教育システム実証事業」における3年間の実証成果等を踏まえ、クラウド活用の先進事例や導入手順についてまとめた「教育ICTガイドブック Ver.1」を教育委員会・学校等に向け、作成しました。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000097.html

教育ICTガイドブック』の80ページ、「CASE25 教育活動の継続・発展にクラウドが貢献」に事例が掲載されています。

  • mixiチェック
alby at 16:36|PermalinkComments(0)

2017年03月14日

司書教諭の実務マニュアル

トルコにも2017年3月10日に発売された「司書教諭マニュアル」が届いた。司書教諭の仕事が体系的に分かりやすく書かれていた。

「図書館教育」年間計画の例(大阪府豊中市立中豊島小学校)には、1年生から6年生まで、それぞれの教科と図書館での学習をどのように結びつけられているのかが整理されていた。まさに欲しかった情報。

あと、必要涕情報を自分の手元におく方法「情報カード」の実践が参考になった。「平行読書」を充実させるための指導法の紹介もわかりやすい。

子供たちの情報活用能力を高めるために、学校図書館がどうあればよいのかを知るのに適した良書だった。

塩谷京子『司書教諭の実務マニュアル シオヤ先生の仕事術』明治図書、2017年


  • mixiチェック
alby at 03:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月08日

HDD から SSD へ換装

SSD
先日、ハードディスクが故障したレッツノートのCF-S8。イスタンブールアジア側のIKEA隣にあるメディアマートで購入したSSD128GBに交換した。130TL(5,000円)だった。

7年前のHDD500GBを実装していたが、SSDがきちんと認識できるか半信半疑だったので、仮に動作しなくても損失の少ない低価格のモデルを選択した。

HDDからSSDの交換は、[LET’S NOTE CF-S8] HDD から SSD へ換装する手順を写真付きで解説、というブログを参考にした。

昔のレッツノートと違い、HDDの交換は随分楽だった。作業もスムーズで、きちんとSSDを認識できたので、もっと早く交換してもよかったと思った。

リカバディーディスクは日本に置いてきたので、ISOイメージを家族に転送してもらおうかと思った。しかし、別のパソコンから以下のMicrosoftのサイトでWindows10のダウンロードができた。
USB または DVD を使って Windows 10 のインストールまたは再インストールを行う必要がある場合は、以下のメディア作成ツールを実行すると、USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使って独自のインストール メディアを作成できます。

Windows 10 を入手する
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
Windowsのプロダクトキーは本体背面のシールに記載されており、すんなり認証もクリア。無事、Windows10がクリーンインストールできた。

ホイールパットやディスプレイドライバはパナソニックのサイトからダウンロードして、元通りの状態になった。HDDからSSDに換装した分、容量は少なくなったが、かなりスピードアップして快適になった。

日本ではSSDがトルコよりさらに安く買えるのでうらやましい。


  • mixiチェック
alby at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
最新コメント