手塚治虫とオサムシ
手塚治虫は、小学校3年生から昆虫採集を始めた。本名は治(おさむ)。ペンネームは、好きな虫であるオサムシからつけた「治虫」を使った。

写真は、教科書の手塚治虫の写真のそばにいるオサムシ。

手塚治虫の人物像や生き方は、東京書籍『新しい国語5』「伝記を読んで感想文を書こう」に記載されている。