麒麟がくるVR
春日住民センターで、大河ドラマ「麒麟がくる」の稲葉山城をVRで再現したイベントがあった。一人3分の体験ができた。

まず、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を着ける。稲葉山城の1階武器の間に行く。兜や槍があった。白い円のワープポイントを踏むと、2回の広間に行った。斎藤道三の甲冑があり、窓からは城下町が見えた。

受付では、NHK関連のシールやクリアファイルも配布されていた。

郷土資料館
丹波市立春日歴史民俗資料館では、特別展「つわものどもが夢の跡〜黒井城と直正〜」が開催されていた。郷土資料館の前には、「麒麟がくる」の俳優さんたちの等身大ポスターがあり、華やかな雰囲気になっていた。