2019年08月08日

ISS(国際宇宙ステーション)を見た

iss
先日、先輩(たぬきさん)のfacebookで、国際宇宙ステーション(ISS)が見えると知り、家族4人で観察することにしました。

宇宙空間にあるISSは、サッカー場くらいの大きさで、条件が揃えば、日の出前と日没後の2時間ほどの間に地上から数分肉眼で見ることができます。

手持ちの天体観測アプリ「Star Walk 2」で、ISSの軌跡をシミレーションすると、本日は西北西の位置から登りはじめ、南東へ沈んでいくことが分かりました。

我が家は南西にすぐ山があり、観察地点としては適していないので、車で開けた地点へ移動しました。

19時36分ごろ、西の空から明るく輝く光が登ってきました。思わず、「出てきた」「見えた」と大きな声を上げました。

ISSは惑星や恒星とは明らかに違う動きをしていました。また、飛行機のように点滅しません。とても明るい点が、スーと移動します。実際に見えたのは6分間でした。

10mmの広角レンズで撮影しましたが、ピンぼけという初歩的なミスをしてしまい、残念な結果となりました。上の写真の右は上弦の月、中央は木星、左下へ軌跡が残っているのがISSとなります。

撮影場所では、ISSを追いかけて子供たちが南へ伸びた道路を走って行きました。娘は「きれい。ISSはやっぱり速かった」と言いました。ISSは約90分で地球を1周します。

興味がある方は、JAXAのサイトで情報を得ることができます。ぜひ、観察してみてください。

宇宙ステーション・「きぼう」を見よう
http://kibo.tksc.jaxa.jp/

alby at 23:14コメント(0) | 理科教育   mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント