リトルマーメイド
大阪四季劇場でリトルマーメイドを観てきました。色彩豊かな衣装や道具がステージを飾り、海の中の生き物たちが生き生きと動き回るという、新次元ミュージカルという名にふさわしいものでした。

子供たちと一緒に見ました。ファミリーゾーン(子ども料金)は、大人料金の半額でした。ステージからは少し遠くなりますが、家族で楽しめました。息子はシートクッションを借りました。靴を脱いで使用しました。今年の運動会で、「アンダー・ザ・シー」のダンスをしていたので、知っている曲があり喜んでいました。

https://www.shiki.jp/applause/littlemermaid/learn_more/images/music/music_img_2.jpg
ミュージカルは原作とは違い、ハッピーエンドの構成で、演劇を見る人を幸せな気分にさせるストーリーでした。お気に入りの場面は、「アンダー・ザ・シー」をみんなで歌うところ。クラゲや珊瑚礁、イソギンチャク、魚たちが乱舞し、感動で涙が出ました。

今夜の読み聞かせは、アンゼルセンの人魚姫にしました。こちらの原作は、今回のミュージカルのハッピーエンドの展開とは違います。王子様が違うお姫様と結婚するとき、姉たちが人魚姫に短刀を渡し、王子の心臓をさすように言います。それが出来なかった人魚姫は、泡になりました。

劇団四季リトルマーメイド
https://www.shiki.jp/applause/littlemermaid/