2017年12月12日

はなまる集計2017の評定の自動計算

評定の自動設定
教育同人社の得点集計ソフト「はなまる2017」には、通知表の入力に便利な機能がある。

観点別評価から評定に換算するに、校内で独自の換算表を用意して、どの教師でも同じ評定になるように決められている学校も多いと思う。

はまなる2017には、教科毎に学習の記録の評定の自動計算機能が備えられており、これが結構便利なことを今日初めて知った。

例えば、A=3点、B=2点、C=1点として、各観点の評定の合計を計算し、その合計点から評定を算出する。A,A,A,A,ならば3、B,B,B,Bならば2というように、自動計算ができる。もちろん、教科毎に学校独自の基準値を設定できる。上の図は初期設定の値。

授業担当者は、各観点のABCを入力するだけで、学校の基準に応じた評定が自動計算できる。これなら、人為的なミスが発生しにくい。

はなまる2017からは校務支援ソフトC4thへの連携もバッチリなので、エクセルで流し込むと簡単に評定がついてしまう。C4thには自動計算機能はないので、はなまる2017で事前に集計させておくことをお勧めしたい。

alby at 00:14コメント(0) | 情報教育 | 教育の話題一般  mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント