SeninAdin
自宅近くのショッピングセンターの映画館で、『君の名は。』を上映していると聞き、早速子供二人と観に行った。トルコ語名は、Senin Adın セニン・アドゥン (Your Name)。

感想は「とてもよかった!」

若い主人公の恋愛や、日本の風景に癒やされた。神社や彗星などのテーマも、私の興味のストレートど真ん中。
糸を繋げることもムスビ、人を繋げることもムスビ、時間が流れることもムスビ、ぜんぶ同じ言葉を使う。それは神様の呼び名であり、神様の力や。ワシらの作る組紐も、神様の技、時間の流れそのものを顕しとる
最近、悩みも多いけれど、「縁」や「結び」を改めて大切にしたいと思った。

何より、音声が日本語なのが良い。字幕はトルコ語。まるで日本の映画館にいるような気分になり、余計に感動した。トルコ人は、日本のアニメが大好き。日本語翻訳を目指している学生は、日本のアニメに触発されたと口々に言う。日本のアニメ文化は世界に誇れると思う。

ところで、『海難1890』はトルコ語音声で観たし、『スターウォーズ・ローグ・ワン』は英語音声・トルコ語字幕で観た。語学ができない私にはかなりの負担だった。

だから、今回のように日本語が聞こえる映画ほど、海外でストレスなく楽しめるものはない。ターキッシュエアライズの機内エンターテインメントは、日本語音声があるので、これも楽しみの一つ。

思い起こせば、3年前にトルコに来たときは、トルコ語がわからず、息子もよちよち歩きで、どこに行くのも苦労した。

しかし、今日は、映画館のパネルになかった「『君の名は。』の映画は上映していますか。何時からですか?」などの簡単なトルコ語会話がストレスなくできた。息子や娘は、ショッピングセンターまで行き慣れた足でスタスタ歩いた。

改めて、親子共々、トルコの生活に慣れ、自身の成長を感じることができた。映画の余韻をしみじみ感じることができた。

映画『君の名は。』はアクメルケズの映画館で8月25日から上映中。大人30TL、子供28TL。
http://www.cinemapink.com/tr/sinema-detay/etiler-akmerkez/45.html

ちなみに、トルコの映画館で日本の映画を見ると、下のように見える。