イスタンブルで猫さがし
『イスタンブルで猫さがし』の作者 新藤悦子さんは、2011年秋に取材をされ、2015年9月に本を出版された。

物語の舞台はイスタンブール。「螺旋階段」や「夢の部屋」などの描写も詳しく、日本人が多く住む住宅街や新市街・旧市街の観光名所もふんだんに登場する。

小学5年生の女の子が主人公。娘に紹介してもらった本。

新藤悦子『イスタンブルで猫さがし』ポプラ社、2015年