中秋の名月
旧暦の8月15日の月は「中秋の名月」と呼ばれています。日本では、昔から供え物をしてお月見をする習慣があります。

ベランダでお月見
ここ、イスタンブールでも、家のベランダからお月見をしました。娘がこしあんをかけた月見団子を作ってくれました。ススキの代わりにパンパスグラスを飾りました。トルコランプで明かりをともしています。

暦の関係で、中秋の名月は必ず満月になるとはかぎりません。新聞で確認すると、大阪の月齢は14.7でした。イスタンブールは明るすぎて星空観察に適しません。しかし、日本と6時間の時差はあるものの、月見はなかなか趣のある行事です。

ちなみに、2015年は9月27日が中秋の名月でした。撮影した月の模様の違いに気づきました。

イスタンブールの皆既日食(2015年9月29日)の記事
http://hosomi.blog.jp/archives/52437707.html