DSC_2820
トルコ内で、軍隊によるクーデターが発生した。まず、ボスポラス第一、第二大橋がジャンダルマ(軍)によって、閉鎖されたと連絡があった。同時に、空港が閉鎖された。

領事館からは、外出禁止のメールが送信された。職場から、深夜にもかかわらず、電話による安否確認があった。いつものテロとは緊張度合いが違った。

国営テレビTNTは軍により占拠され、途中から報道がストップした。他局は見ることができた。インターネットはfacebookやtwitterなどが規制され、アクセスできなくなった。スマホのアプリのLineは通じたので、日本と連絡ができた。Skypeでも電話ができた。

自宅からはボスポラス第二大橋が見えるが、車の流れは止まっている。クラクションが鳴り響き、群衆の歓声が聞こえる。空には、戦闘機やヘリコプターが行き来している。銃声が断続的に続いている。首都のアンカラでは、戦闘機が軍のヘリコプターを墜落させている。

銀行のATMには行列ができているという情報がある。しかし、私は安全なATMが近くにないので、預金は下ろせない。素早い人は、行動していた。

トルコ人はエルドアン大統領の呼びかけに応じて、アタチュルク空港やタクシム広場に集まり、軍を批判する行動をしている。ジャーミー(モスク)からは、平和を祈るエザン(祈り)が、深夜にもかかわらず大音量で流れている。この騒ぎに巻き込まれて、車内に閉じ込めたれている邦人もいる。

テレビは、軍の戦車やトラックを市民が取り囲み、抗議している映像が流れている。軍幹部が警察にピストルをつきつけられている映像も流れている。クーデター事態は発生から2時間ほどで抑圧された模様。しかし、市民の騒ぎは勢いを増している。

エルドアン大統領は、iPhoneのフェイスタイムで、テレビ局にインタビューに答えている。大統領は休暇中だったので、市民に軍に抗議して集まるよう呼びかけていた。本人の所在は隠されてる。

トルコに来てから自爆テロなど色々あったが、今回が一番緊迫状況である。

トルコにおける軍部による蜂起(注意喚起)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C189
総領事館からのお知らせ(治安速報16−29:軍によるクーデター発生、戒厳令と外出禁止令発出報道)

在留邦人の皆様へ

現在、軍の一部が「トルコ国内の軍の権限を掌握した」と発表しており、アカル参謀総長が人質に取られたとの報道もあるなど、軍事クーデターの可能性があります。国営放送TRTによりますと、戒厳令及び外出禁止令が発出されているとの情報もありますので、報道等により状況の推移を特に注視するとともに、安全の確保に留意し、外出をしないようお願い致します。
アンカラでは戦闘機が低空飛行を繰り返す等の状況がみられるほか、クズライ付近の参謀本部周辺にも治安部隊が展開している模様です。
また、報道によれば、15日22:30頃から、イスタンブールのボスポラス第1大橋及び第2大橋の両大橋について、トルコ軍(ジャンダルマ)によって、アジア側からヨーロッパ側への通行が閉鎖されております。イスタンブール・アタテュルク空港にも戦車が派遣されているとの情報もあります。

イスタンブール総領事館