2014年02月15日

氷上情報教育研究会・但馬情報教育研究会 合同成果発表会

合同成果発表会
兵庫県立但馬長寿の郷で、氷上情報教育研究会・但馬情報教育研究会 合同成果発表会を開催しました。29名の方に参加していただきました。

講師は、亀岡市の広瀬一弥先生にお世話になりました。タブレットの実践事例を紹介していただきました。たくさんの実践発表を行い、最後は兵庫教育大学の永田智子先生に「ワールドカフェ」の演習をしていただきました。

休憩時間が少なく、盛りだくさんの内容でしたが、たくさんの学びができました。参加していただたみなさま、ありがとうございました。

配付資料の残部もありますので、メンバーの方に送付させていただきます。ご希望がありましたら、ご連絡下さい。
10:00 受付
10:20 開会行事 挨拶 丹波市立中央小学校 校長 足立宏幸
10:30〜11:20 講演「タブレットの授業実践とこれから必要な能力について」
亀岡市立南つつじヶ丘小学校 教諭 広瀬一弥 先生
11:30〜12:00 発表
(1)6年生算数タブレット端末を活用した「円の面積」
丹波市立小川小学校 黒田一之
(2)子どもたちの課題意識に迫るICT活用
篠山市立大芋小学校 酒井宏
(3)算数科におけるタブレットPC を活用した反復練習
丹波市立三輪小学校 麻田剛
12:00〜12:30 休憩
12:30〜14:00 企業
(1)JMC みらいスクールステーションの電子黒板機能と授業支援体験
(2)エルモ社 インタラクティブ書画カメラ「新みエルモん」の紹介
(3)啓林館 デジタル教科書の効果的な利用について
14:10〜15:15 氷上発表
(1)丹波市校務支援システムの運用に向けて
丹波市立新井小学校 安田和仁 細見隆昭
(2)「わかった」「できた」を実感できる授業づくり
丹波市立久下小学校 細見基夫
(3)主体的なコミュニケーションをめざす外国語活動
丹波市立竹田小学校 荒木真也
(4)「学び直し」と「反復(スパイラル)学習」を大切にした数学科学習
朝来市立梁瀬中学校 佐藤貴康
(5)兵庫県立但馬やまびこの郷〜不登校対策推進に係わる研修を通して〜
丹波市立竹田小学校 大槻武志
15:20〜15:46 但馬発表
(1)小規模校におけるタブレット端末の活用実践
豊岡市立高橋小学校 山根啓樹
(2)中学校におけるICT 活用〜小中の違いの現状を本年度の反省から〜
豊岡市立日高西中学校 西田将平
15:46〜16:05 iPad を活用したワークショップ
豊岡市立三方小学校 藤原典英
16:10〜17:00 「ワールドカフェ」 兵庫教育大学 永田智子 先生
17:00 閉会行事
ロッジにて懇親会


  • mixiチェック
alby at 19:35│Comments(0)TrackBack(0)情報教育 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント