ブログネタ
研究会 に参加中!
協同学習を取り入れた実験開発学習
三宮で第9回「楽だの会」(兵庫理科若手サークル)を実施した。今回の内容は、(1)理科における失敗事例の共有、(2)協同学習を取り入れたワークショップの2本柱。目玉は、同志社女子大学の大黒ゼミ生とのコラボ企画。結果的にかなりおもしろい研修会になった。

第8回に続き、同志社女子大学大黒孝文先生に講師を引き受けていただいた。ワークショップ「協同学習を取り入れたノートテーキングによる実験開発学習」では、学生と教師が協同しながら協同学習のノウハウを学ぶことができた。

参加者は25名。これまでの最大の人数が集まった。夜の懇親会では、次回の企画ができあがった。
1 今読んでいる本紹介(藤井)
2 理科における失敗事例の整理(盛岡)
3 レスポンスアナライザーによる児童の授業参画の実際(細見)
4 マンガによる協同学習(大黒)
5 現職先生の悩み相談(同志社女子)(角谷)
理科教育に興味がある方はご連絡ください。案内を差し上げます。