2011年10月22日

第37回全日本教育工学研究協議会全国大会(丹波大会)が終了

JAET2011の2日目が終了した。今日まで,研究推進委員長として学校研究が進むよう努力してきた。結果,学校が一丸となり,よい授業が公開できた。各方面からも高い評価をいただいてうれしかった。
大会テーマは,次の通り。
”わかる・できる・のびる” 学びを保障する授業の創造
−授業にさりげなく活躍するICT−
会場の片付けの後,職場で打ち上げをしてもらった。幹事は「座長」という札をかけ,午後のワークショップで使用した横断幕の裏側に次のテーマを掲げ,場を盛り上げてくれた。
テーマ21
”たべる・しゃべる・のむ” 学びを保障する慰労会の創造
小テーマNII
慰労会にさりげなく研推部長を慰労する子の育成
隣で氷上情報教育研究会のメンバーも打ち上げをされていた。大会が成功したので,みんな笑顔だった。
JAET2011慰労会


alby at 23:06コメント(1)トラックバック(0) | 情報教育   mixiチェック

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by hirose   2011年10月22日 23:10
大成功の会でした。歴史ある研究会の知見と市総かかりのサポート
見てて気持ちよくなるぐらいの大会でした。
直接はお話しできませんでしたがまたどこかで
お話しできる事を楽しみにしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント