ブログネタ
病気・怪我2 に参加中!
3日前から右足小指のつけ根がかゆい。「水虫になったのかなー」と妻に相談したら、「娘にうつったらどうするの」と、まるでばい菌扱いされ、皮膚科を受診するよう強く言われた。

近くの病院で午前中診察があったので、午前10時半頃に初診で行った。すると駐車場は満車で、受付や待合、外まで人があふれていた。大変な混雑だった。

受付をすると、134番という番号をもらった。ディスプレイには「待ち時間190分」という表示。遊園地の人気アトラクションみたい。この病院はケータイやインターネットで、待ち状況が確認できるので、時間を気にしながら他の用事を済ませて待つことができた。

診察してもらえたのは、午後3時半。5時間待った。

まず、かゆみのある皮膚を少量スライドグラス上にとり、顕微鏡で検査してもらった。結果は、シロ。次に、「何か足が蒸れることをしませんでしたか」と聞かれたので、「最近は、稲刈りや草刈りなどの農作業で長靴を長時間履いていることが多かったです」と答えた。その後、軽いステロイド剤入りの軟膏を塗ってもらった。

結局、この日の患者さんの数は157人。お医者さんも大変だなと思う。トイレ休憩や昼食はどうされているのかなと思って心配になった。しかし、きちんと検査してもらえたので、胸をはって家に帰ることができてよかった。