ブログネタ
授業の工夫 に参加中!
1年生算数授業研究

1年生算数「たしざん」の研究授業があった。板書は見やすく、数図ブロックを使った算数的活動の時間も充分保証されたわかりやすい授業だった。

フラッシュ型教材を使って、10の補数を瞬時に求めるトレーニングから授業がスタートした。4+2をあらわす数図ブロックの操作は実物投影機を使って、児童が説明した。

事後研では、「ゆさぶりをかける発問」や「児童の理解度を測る評価の場面設定」について協議した。