兵庫教育大学単独主催の研修講座「就学前保育から小学校教育への適応的移行に向けた子ども理解」を受講した。講師は小林小夜子先生。

丹波市では、地域の保育所から幼稚園、そして小学校と、おおよそ1本道しかない。地区によっては認定こどもという選択肢もある。しかし、他地域では、幼稚園から小学校に入学する児童、保育園から小学校に入学する児童など、様々なパターンがあることがわかった。阪神地区では、600人の園児を抱える幼稚園の先生との情報交換も興味深かった。