細見家では、4月から職場が変わった者が3人いる。今日は初めての給料日ということで、家族で外食をした。3人ともだいぶ仕事に慣れてきた。

その後、電話があり、元上司の家に招いてもらう。元同僚が集まり、それぞれの職場の様子を情報交換した。

何よりも職場の輪が大切で、人間関係の構築に力を入れなければならないという話になった。職員がまとまっていない職場は、児童もバタバタするという。

自分の仕事をこなすことから、他人の仕事にちょっかいを出すという余裕を生み出したいと思った。

元気になったので、お礼を言って玄関から帰ろうとした。海外生活が長い方から、まじまじと「日本は靴を脱いだり、履いたりするのは大変ですねぇ。めんどうくさいねぇ。」といわれた。ちょっとドキっとするお別れの言葉だった。