朝からメールと電話で職場のネットワークトラブルの相談が断片的に届く。
数名がプリントアウトできないらしい。できる人もいるらしい。インターネットに接続ができるらしい。また、できない人は違うプリンタなら印刷できるらしい。その後2時間くらいで、誰もプリントアウトできなくなったらしい。
市教委から職場のサーバーへPingが通らないので、サーバーを再起動するよう指示があったらしい。私は情報担当者にスイッチングHUB(L2とL3)の場所を伝え、再起動をお願いする。一応回復したようだが、まだ一部の人がプリントアウトが不可。
夕方に職場に行き、直接原因を探る。プリントアウトできない端末からプリンタまでPingを打ってみる。すると、以下の結果が返ってくる。
Pinging プリンタのアドレス with 32 bytes of data:

Request timed out.
Reply from プリンタのアドレス: bytes=32 time<1ms TTL=64
Request timed out.
Reply from プリンタのアドレス: bytes=32 time<1ms TTL=64

Ping statistics for プリンタのアドレス:
Packets: Sent = 4, Received = 2, Lost = 2 (50% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
はて?50%しか通らないとは? これはネットワークが混雑しているのか、それともケーブルの破損があったのか。これまで遭遇したことのないパターンを示していた。
FAX工事をして床をめくったといっていたので、どこかケーブルが傷んでいるのか、極端に折れ曲がっているのではないかと考えた。
結局、職員室で利用していたHUBの交換とLANケーブルの整理を実施。それから障害が報告されていないので、とりあえず解決した模様。