5922e487.JPG丹波市教育委員会主催の情報教育研修会がハートフルかすがで開催された。情報担当者会も兼ねた会。担当校長が「教育現場の多忙化解消のため、出張の見直しを」と挨拶された。
講師は財団法人マルチメディア振興センター e-ネットキャラバン事務局の山田能弘氏。ネット社会のトラブル事例をもとに、家庭や学校の責任について言及された。教師や親は子どものネット利用に関心を持ち、時折話し合いをする必要を説かれた。